代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-02-13

東アジアサッカー選手権2010決勝大会 香港戦 3

東アジアサッカー選手権2010決勝大会 香港戦 3


結果はこちら
今までの結果と今後の日程はこちら


後半から今野に変えて
平山を投入。
前線の人数を増やしてきました。


日本後半開始からのフォーメーション
201002130740 01


●後半 5分 日本


図1
201002130852 02


香港ボールをカットした中澤から内田へ
内田から下がってボールをもらいに来た中村憲へ


中村憲から左サイドを上がってきた駒野へ
駒野はボールを受けるとドリブルで少し進み


駒野に連動して動いてきた遠藤と大久保
左サイドタッチラインまで開いた大久保へ


駒野が大久保にパスを出した時点で
遠藤は左サイド前方へ


大久保はその遠藤へ
遠藤はボールをキープ

図2
201002130852 03


遠藤がボールをキープしている時の
位置関係は図2のような感じで


遠藤は大久保にバックパス
ここでオーバーラップしてきた駒野が


ニアゾーン


その駒野へ
大久保がダイレクトにパス


ここで中央の平山がニアに走りこんだのと
ニアゾーンに侵入した駒野の動きで
ゴール前中央にスペースが


そこへ中村憲が走りこんできて
そこへ駒野が倒れこみながら
中村憲へ鋭角な折り返し


駒野ナイスプレーです。


中村憲がフリーでボールを受けると
さすがに最も危険なゾーンなので
香港DFは必死に中村憲をチェック


中村憲はボールをこねくりまわし
結局左足で威力のないシュート
シュートはGKにはじかれコーナーキックへ


左サイドの


DF 駒野
MF 遠藤
FW 大久保


駒野のオーバーラップ
この3人の連動し
人とボールが動く崩しで
ニアゾーンを攻略し


駒野のは、ニアの平山・ファーの玉田に出さず
体を投げ出してまでの鋭角な折り返し
それと中村憲がフリーになっていることを
確認した“視野”


いいシーンでした。


中村憲
アタッキングサードなら
好きなことをやっていいと思いますが


結果的にはトラップして
香港DFに詰められ
左にかわしシュート
シュートは威力なし


だったらダイレクトでシュートを打って欲しかったです。


以降は、後日アップします。


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ


[サッカーショップ加茂]『ICE watch』JFAコラボレーションモデル

web拍手
スポンサーサイト
2010-02-13

東アジアサッカー選手権2010決勝大会 中国対韓国

東アジアサッカー選手権2010決勝大会 
今までの結果と今後の日程はこちらで。(スポーツナビ)


中国戦と韓国戦のダイジェスト動画がありました。


韓国が弱いのか?
中国が強いのか?


・ベストメンバーではない
・コンディションが悪い
・モチベーションが低いetc


如何なる理由があろうとも
韓国に3-0で勝つなんて
サッカー日本代表に可能でしょうか?




web拍手
2010-02-12

「『コンセプト度外視』という発見 」 東アジア選手権 日本代表 3-0 香港代表 

記事全文はこちら


「あまり新味のない顔ぶれの中で、
 効果的な攻撃のオプションが見られたこと。」



それは闘莉王と平山とのことです。


闘莉王の攻撃参加については
岡田監督はあまり積極的ではない様子。


闘莉王は、指揮官の意思は尊重するものの


「僕は自分のやり方を磨くだけ」


あくまでも自分の考えを曲げるつもりはない様子。


遠藤

「キッカーからすると、大きい選手がいると狙いやすい。」


と、いい意味で平山が入ったことで日本の攻撃がシンプルになったこと


どちらもこれまでの岡田ジャパンのコンセプトを度外視
それで攻撃が活性化したということは
岡田監督には皮肉な結果
そういうことのようです。


管理人の
サッカー日本代表の希望スタメンのところでも
記事にしましたが(記事はこちら。)


平山のような選手は希有な存在。
平山を軸に攻撃の戦術を作り上げていくと
なんかの理由で平山が試合に出れないときに
代わりの選手がいないということ。


岡田監督も管理人の希望スタメンのような
スタメンにはしないだろうから
FWは現状では玉田、岡崎が中心でしょうか。


しかし、オプションとしては
平山は絶対に必要だと思うので
ワールドカップのメンバーには
選んでほしいです。


東アジアサッカー選手権2010決勝大会
勝敗表と日程はこちら


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ

web拍手
2010-02-11

東アジアサッカー選手権2010 決勝大会 香港戦

サッカー日本代表
2010年2月11日(水)
東アジアサッカー選手権2010決勝大会 香港戦


結果はこちら(スポーツナビ)で。


●両チームスタメン
201002112233 01


はっきりいって前半は退屈です。
記事にするようなシーンがあると言えばあるけど
対戦相手を考えると・・・。
ということで


●前半 40分 日本


図1
201002112250 02


香港のスローインから。
日本陣地に背を向けて
下がってきて
ボールをもらいに来た選手へ
スローイン
それに駒野がマークしている状態。


図2
201002112253 03


そのボールをうけた選手が
トラップミスでスローインした選手の方へ
ボールが転がり、それを追いかけている状態。


それを横にいた玉田がスライディング
ボールがこぼれてスローインを投げた
DF1の選手の方へ


DF1の選手はこれをクリアしようと
前方へ蹴りだすが
そこに詰めていた玉田に当たり
ボールはゴール前へ


そこへ


・GK
・DF2
・DF3
・大久保


この4人が詰め寄り
DF3の選手がクリア。


このクリアがゴロで
あまり勢いもなく
玉田のところへ


玉田はそれを足に当て
前方に転がり
それを角度のないところから
ガラ空きになったゴールへ蹴りこみゴール!!


決して綺麗ではないけど
こういう泥臭いゴール好きです。


でも、相手が相手だし
ここ2試合ノーゴールなので
もっと自分たちの力で
香港を崩した
流れの中のゴールが見たかったですね。


ようは相手GKのミス
飛び出したなら絶対ボールをキャッチするか
クリアしなければならないのに


結局ボールに触れもせず
しかもDF3の中途半端なクリアもあり
空けてしまったゴールへ入れられる始末。


その後、両チーム特になにごとなく前半終了。


後半は後日アップします。


東アジアサッカー選手権2010 決勝大会
ここまでの結果と今後の日程はこちら(スポーツナビ)で。


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ


[サッカーショップ加茂]東アジア選手権大会グッズ






web拍手
2010-02-11

東アジアサッカー選手権2010 本日香港戦

本日、サッカー日本代表は東アジアサッカー選手権2010 香港戦です。
TV中継はフジテレビ19:00~


「控え選手に出場機会を与えると
 公言していた岡田監督が一転、方針を変更した。」



現状のベストメンバーでいくようです。
DF長友が体調不良で試合欠場する見込み
FW岡崎が右ひざ痛で別メニューのようです。


●メンバー


GK
1 楢崎 正剛
18 川島 永嗣
23 西川 周作    

DF
3 駒野 友一    
4 田中マルクス闘莉王      
5 長友 佑都    
6 内田 篤人    
12 岩政 大樹    
15 今野 泰幸    
21 徳永 悠平    
22 中澤 佑二    

MF
2 阿部 勇樹    
7 遠藤 保仁    
8 稲本 潤一    
14 中村 憲剛    
16 大久保嘉人    
17 香川 真司    
25 小笠原満男    
26 金崎 夢生    

FW
9 岡崎 慎司    
11 玉田 圭司    
13 佐藤 寿人    
20 平山 相太


予想スタメン
図1 201002110139


こんなの見てみたい
図2 201002110144


格下の香港は守備を固めてくるだろうし
日本の攻勢が予想されます。


アジアカップなど
日本相手に守備を固めてくるチームに対して
いつも日本は攻めあぐねます。


日本はアジアの格下相手と
世界の強豪相手と戦い方を変える必要もあると思います。


スペースがないのに
スペースに動くFWはいっそのこと起用しないで
思い切って平山と闘莉王のツインタワー
試合開始からパワープレーとか。


4-4-2のフラットで
左右両サイドにサイドプレイヤー2人。


どんどんツインタワーにクロス
小笠原・遠藤にはどんどんロングシュートを。


2010ワールドカップでは
日本相手に守備を固める相手はいないですが、


負けている時など
どうしても1点が欲しい時など
パワープレーも想定したほうがいいと思うので。


「日本主力起用、11日香港戦 格下相手に『必勝』期す」記事はこちら


「小笠原、遠藤と30歳コンビでボランチ濃厚」記事はこちら


「闘莉王が攻撃参加『みんなが一生懸命に』」記事はこちら


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ


[サッカーショップ加茂]東アジア選手権大会グッズ

web拍手
2010-02-11

東アジアサッカー選手権2010 決勝大会 - 順位表、日程・結果

東アジアサッカー選手権2010 決勝大会 - 順位表、日程・結果です。


記事はこちら


なんと、中国が韓国に3-0で勝ったようです。
中国が強いのか
韓国が弱いのか・・・。


韓国許監督大敗にも強気。記事はこちら





web拍手
Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。