代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2009-07-18

クサビ(楔)のパス

「クサビ(楔)のパス」


管理人なりに説明します。


まずは、こちら
(リンク先の「ポストプレイ」の中の
『サッカーのポストプレイ』を参照にして下さい)


図1
図1


たとえばこんな状態の時
青のマルのチームが
下から上に攻めている状況です。
FW1はバイタルエリアで相手DFにマークされている状態で
相手DFを背負っています
MF1のほうを向いていて相手ゴールに背を向けている状態です。


FW1はマークされているからパスは出さない、というわけではなく
ここであえてMF1は簡単にFW1の足元にパスを出します。


図2
図2


ボールを受けたFW1は図2のように反転してシュートを狙おうとします。
そうすると相手のサイドのDFの二人は1番危険なプレー
この場合FW1のシュートを防ぎにくるから
図3のような状態になります。


図3
図3



こうなるとFW2、3がフリーになり


図4
図4



図4のようにFW1はマークのあまくなったFW2、3にパスを出せますし
そのままシュートでもOK


図5
図5


MF1がFW1にパスを出したら
相手MFの1人もFW1をチェックにいくだろうから
パスを出したMF1が走りこみFW1からワンツーパスをもらって
そこから図5のようにFW2、3が外の開きスルーパスを出すとか


ポイントは相手の守備の堅い中央にあえてパスをだすこと
もちろん相手DFを背負ったままシュートまでもっていけるFWがいないと
有効ではないですが


そう簡単には中央を突破させてくれないでしょうから
そこで一旦中央に集中させておいて


「どんな強豪でもサイドから攻めれば崩せる」


好きな言葉で
どこかの高校サッカーの監督の言葉だと思うのですが
サッカーにおいて有効的な


サイド攻撃に持ち込める


そんな感じです。


ドリブル突破してクロスを上げられる能力がFW2、3にもほしいところです。


こういうFWがいると
「クサビ(楔)のパス」が効いてきます、


こういうFWがいるチームで
そういうFWをこっちのDFがマークしているのに
簡単にクサビのパスを出してくる
そこから中央、サイドに展開される。


そういうチームは対戦しても嫌なものでした
そういうFWがバイタルエリアでクサビのパスを受けて起点を作る
シュートもあるからマークしないわけにはいかない
それだけで数的不利に陥ってしまう
そういうFWがいるだけでぺネトレイト
形を1つ持っていることになってしまいます。


戦術的にもクサビのパスって単純そうに見えて、
凄く奥が深いプレーだと思います。


代表でもこういうプレーが見られますが
まだまだ世界には通用していませんね。


ブログパーツ

web拍手
スポンサーサイト
Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。