代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2009-07-20

ストライカーの条件

ストライカーの第1条件
1番必要な能力ってなんでしょうか?


フィジカル
・スピード
・スタミナ
・シュート力
・決定力
・チャンスに強い
・センス
・テクニック
オフザボールの動き
・ゴール前の嗅覚(いいところにいる)
ポストプレー
スルーパスを受ける動き
・メンタリティー(闘志・集中力・最後まであきらめない)
・ゴール前のサンクチュアリーを感じる能力・センス
 etc


ストライカーに必要な能力だいたい上げて見ました.。







「はしれ走(かける)」という漫画があります。
ちょっと古い漫画ですが


管理人が今まで読んできた本・漫画等の中でも
「ストライカーの条件」はこれかなと
説得力があるシーンがありました。


(ちょっと古い漫画で拙い記憶力で書くので台詞等正確性にかけます)


「誰でも目の前にチャンスがくれば、一瞬目がくらむ
でも、ストライカーはそれを逃してはいけない」



サッカーで超チャンスと思える時
自分でもシュートを打つ前から


「もらった」


と思ってしまう時
ましてや思わず


「もらった」


と口に出してしまうような
そんなチャンス


普段ならなんでもなく決められるようなシュートをはずしてしまう
自分でも信じられないし
周囲からも「えーっ マジ」とか罵声が飛ぶ


サッカー経験者の方、こういう経験はないですか?
また、経験ない方、


「それでもサッカーでメシ食ってんの?」


そう思ってしまうような
信じられないシュートミスをするプロサッカー選手を見たとか


これは、サッカーに限らず、その他のスポーツにもあることだと思います。


なんで、こんなことが起きるのか?
原因はいろいろあると思いますが
その1つは


力み(りきみ)


のようです。


「ハンターハンター」という漫画があります。
特にサッカーとは関係のない漫画ですが
その中に主人公ゴンとナックルという2人が戦うシーンがあります。


ゴンの必殺技は、繰り出すまでに時間がかかり、特性もバレバレ
ゴンはそんな必殺技をフェイントにつかいナックルを驚かせます。
それを観戦していたゴンの親友のキルアの台詞を引用します。


「ナックルにとってゴンの必殺技はいわば、
(野球にたとえると)『狙い球』の1つ
見逃し厳禁!!打ち返さなければならないど真ん中の絶好球!!


それが“力み”となる


『来た!』と思う瞬間余計な力が入る
狙い球の1つだったのに打ち損じる
プロ野球の1流選手でさえよくあること


『打てる!』
『打たねば!!』


その思いが筋肉に必要以上の力を入れさせる」



みなさんも経験ないですか?
スポーツやその他のことで


「力むな」
「肩の力を抜け」
「落ち着け」


って言われたこと。


練習では出来ているのに本番でできないとか
過度の緊張も関係してくると思いますが
管理人もあがり症というか、
いろいろなこと結構本番に弱いほうです。


ただ、漠然と「力むな」ではなく
なぜ、「力むな」なのかロジックに教えてくれれば・・・
今更ながら思います。


代表的なのが柳沢のこの2つのシーン


動画1(01:44~02:38)



動画1のほう、パスを出した中田英寿プレー中なのに倒れこんでます。
倒されたのもあるけど、
その後の柳沢の空振りにショックで倒れているように思えますが
もし、そうだとしたらそれもどうかと思いますが
こっちは翌日の某新聞に「世紀の空振り」みたいにトップで出てました。


動画2



解説の松木安太郎
「足の甲(インステップキック)で打ってしまった」と言っています。
インサイドキックがよかったとかいろいろ意見がありましたが・・・
別に場所は関係ないと思いますが・・・
どこで打とうがゴールに入れれば。


柳沢がいい選手なのは間違いないです。
高校サッカー時代から有名でしたし
U-20代表にも選ばれて
U-20時代一緒にプレーした中村俊輔
ゲームメーカー的にプレーした時
柳沢のボールをもらう前のオフザボールの動きを誉めていました。


ボールを持った時、よく目に付くらしいです。
それだけ動きの質がいいのでしょう
トルシエジーコと監督が変わっても代表に選出される選手だし
ストライカーとしてゴールへの執念は足りないように見えますが・・・


この2つのシーン
柳沢だって普段ならなんなく決めているでしょうし


あんなの「俺だって決められるよ」
って思った人も少なくないはず。


管理人はそう思いました。
(代表に選ばれもしないのに偉そうなこというなって感じですが)


「はしれ走」
主人公の走(かける)がゴール前の混戦で相手GKも飛び出した時に
ゴール前の走の前にボールが転がってきます。
相手チームのライバルであり、天才プレーヤーの高句陽一郎が


「このチャンスに打つことができるのか」


心の中で囁きます。


GKと高句陽一郎は懸命にゴールにもどっています・




「し、し、信じられない」


と目の前の大チャンスにドキドキしています。


一瞬でシュートコースが決められないのか・・・


高句陽一郎に心の中でストライカーとしてダメだしされてしまいます


結局、走は空振りです・・・
それが、戻ってきたGKにはフェイントとなりますが
打ったシュートは高句陽一郎に防がれてしまいます。


力み・緊張、代表選手なら背負ってるものやプレッシャーも桁外れでしょう。
こういうチャンスを想定した練習を普段からすることも重要です。
ストライカーの資質の記事も参照して下さい。)


「誰でも目の前にチャンスがくれば、一瞬目がくらむ
でも、ストライカーはそれを逃してはいけない」



ストライカーの第1条件、1番必要な能力
言語化するならこれかなと、管理人は思います。


これ、一言で言うならなんでしょうか?
ボールをゴールの中に入れる能力・・・
決定力でしょうか?


ストライカーの第1条件、1番必要な能力
みなさんはどう思われますか?


柳沢のいいとこも見てみたい
動画3

動画4



ブログランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

web拍手
スポンサーサイト
2009-07-17

ストライカーの資質

代表に欲しいもの・・・


・ストライカー
ドリブラー


など、個人で打開出来る力


日本の組織力と技術は向上していると思います。
パスワーク部門なんてあればアジアではNO.1になれるかも。
アタッキングサード以外ですけど。


ストライカー・・・


「アルゼンチンではストライカーは特別な存在なんです」


「ストライカーは育てるものではなく生まれてくるもの」


いろいろな言葉がありますか・・・
長期的に見て日本サッカー界に
ストライカーを育成するにはどうしたらいいのでしょうか?


難しい問題です。


「ボールのないところで勝負は決まる」湯浅健二(出版芸術社)

この本のなかに気になる記事がありました。


「~『ストライカーの資質』『ゴールへの嗅覚』『得点感覚』
日本人には足りないがどうしたら身につくのか?
要は経験をベースにした自信しかありません。
今までどのくらい、決定的なチャンスをゴールに結びつけたのか
という経験の積み重ねです。


「例えば日本がワールドカップ初出場を決めたジョホールバルでの試合。
イランと2対2のまま延長戦に入って、岡野が出てきた。
中田から素晴らしい縦パスをもらって、
1人抜いて、2人抜いてゴールキーパーと1対1になった。
ところがシュートがゴールキーパーの真っ正面にいってしまった。
あれは日本人とか、日本代表とかいうのではなく、
岡野自身の決定力のなさなんです。
岡野はあの時、
人生に1回あるかないかぐらいの緊張感の中で
シュートを撃たなければならなかった。
そういう経験を彼はそれまでしていなかったということです。


「~もしそれまでに同じような状況で点を取った経験があれば、
そのシーンが頭にうかんだはずです。
おちついて呼吸を一回整えて、
キーパーの姿勢もゴールのワクも見えて、
キーパーの股間を抜いたりして、
ゴールを決められていたはずです。
ドカンと撃たなくても1点は1点なのに~」


「日本人というのは普段の生活の中で、
そのような大きなチャレンジ、
みずからの力で船の浮沈を決めるような事態を経験していないんですよ。
そういう意味では、日本人は欧米の人間よりも
心理的なディスアドバンテージがあると思います」


「~コーチが、そういう経験を得られる練習方法をあみださなければならない~
~例えば、ある一定の時間内で決められたシュートを入れなければ
シュート練習を終われないようにします。
最後にこの1本を決めたらおしまい、
決めなければ終わらないと言う状況を設定するのです。
時には1時間以上もやって、
ずっと入らなくてボロボロになってしまうこともある。
非常に厳しい状況で、何本撃っても終わらない。
練習を早く終えて早く帰りたい仲間からも文句を言われる。
それでも続けさせる。
そんななかで最後の最後にシュートを決めると、
その選手は心理的に2段階、3段階とステップアップしていくんです。」


「~選手に恨まれて、イヤな思いをさせて雰囲気は悪くなって・・・。
でもそれがコーチの仕事です。
瞬間的に選手に恨まれたり憎まれたりしても耐えなければならないんです。
その後の試合で、その選手が凄く大事な場面でゴールを決めたとします。
みんな感謝しますよ、その選手に。
その選手がシュートを決める瞬間に何を思い浮かべるかというと、
その前の狂気に近い雰囲気での中でのシュート練習です。
心理的限界までいかなければ個人の決定力はあがりません。
そこでコーチの腕が問われるというわけです。」


「~柳沢は、シュートチャンスになっても、
自分よりフリーな選手がいたらパスを出していました。
~エゴイストに徹することができなかったのです。


「・・・エゴイストに徹するということは?
積極的な自己主張という意味です。
シュートチャンスでは、まわりにいくらフリーな選手がいても
パスなんか出してはいけません。
そうでなければ本物のストライカーになれっこありません。
シュートを決めるというのはロジックではない『気』の部分がものすごく大きいのです。
~柳沢も『ボクはエゴイストになります』と宣言してからは、
いいプレーを見せていました。」




まずは下の図1を見てください
図1
sutoraika-nosisitu01.jpg


青の●が下から上に攻めている時
FW1とFW2の2人
相手DFは1人
数的優位で
ボールはFW1が持っている状態です
自分がFW1だったらどうしますか?


図2
sutoraika-nosisitu02.jpg


FW2へパスを出して走りこみ
再びパスを受けて・・・
ワンツーパスでシュート


図3
sutoraika-nosisitu03.jpg


ドリブルで進んで相手DFをひきつけて
FW2へパス
FW2がシュート


図4
sutoraika-nosisitu05.jpg


中央にドリブルして
FW2がクロスするように
FW1の左側へ
DFをひきつけたところで
FW2へパスして
FW2がシュート


図5
sutoraika-nosisitu06.jpg


一旦FW2へパス
FW2がドリブルし
その間にFW2の右へ
クロスして走りこみ
FWからパスをもらいシュート


といろいろなパターンが考えられますが・・・


「私は絶対勝負させますよ。
常に勝負する姿勢を持ち続けていないと、
同じ状況で近くの味方がマークされて、
自分で勝負しなければならなくなった時、
追い込まれてしまって足がでなくなります。


勝負から逃げてパスを出せば、
ストライカーとしての資質を1つつぶすことになると思うんです。」



図6
sutoraika-nosisitu04.jpg


こういう2対2
数的同数の時
もしくは数的不利の時・・・
ドリブル突破等
個人で打開できる力がないと
何もできなくなってしまいます。


「・・・しかし、パスをした方がいい場合もあるわけですよね?


まあ、百歩ゆずって・・・(笑)、
『自分で勝負するんだ』というマインドを保ち続ける中で、
フリーな選手にポッとパスを出すケースだってありますからね。


それは逃げのパスではなくて、
『今回はゆずってやるよ』
という余裕のパスと考えたいですね。
現象としてはまったく同じだけど、
ぜんぜん意味がちがいます。」


「サッカーはリスクにチャレンジして、自己主張しなければ絶対だめです。
どんな社会でも、人間的にしっかりしていて、ロジックもしっかりしていて、
なおかつ自分主体で冒険している人は尊敬されます。
日本人はそういうのが苦手ですね。
出るクイは打たれるではありませんが、ゆずってしまう。
こういうところも世界との壁となってあらわれてきますよ。」



この話どうでしょうか?
管理人FWだったので痛いほどよくわかりました。
今の指導方法や練習の現場はわかりませんが・・・


管理人の時代は
フリーな選手がいるのにパスを出さず
ドリブルやシュートにいって失敗すると
指導者やフリーの選手等から怒られることが多かったです。
管理人自身もごめんなさいって感じで。


シェフチェンコなんかはシュートはずしてもケロッとしてますよ
90分間で1点とればいいと思っているから」


こういう話を聞いたことがあります。


強豪国のFWってシュートを選択してミスっても
周囲にいちいちあやまらない
そういうイメージがあります。


日本はそうでないような・・・
なんか日本の文化も影響していますね。


誰かにプレゼントを渡す時


「これはあなたのために私が一生懸命、素晴らしい物を選びました」


そんな感じの欧米


「つまらないものですが・・・」


と渡す日本人


プレゼントをもらった相手が気にいらなかったら・・・


そういう時を考えて


謙虚な日本人


どっちがいいかわからないけど
こういう日本人の謙虚さは好きです。


でも、ことサッカーにおいて
特にストライカーはサッカーのときだけは
謙虚さを捨てて


エゴイスト


そうなってもらいたいと思います。


周囲もどういう状況であれ
ストライカーがシュートを選択したら
評価するべきだと思います
逆にシュートしなかったら怒るとか


図1のFW2の選手


「へい、ボールを俺に出せ」


的に声をだしたり、動いたり
そうすることによって相手DFには
FW2パスするかもと注意がそれるはずです。


そのおかげでFW1がドリブル突破できれば
その行動は無駄にならない


「俺のおとりの動きのおかげだぞ」


そう誇ってもいい


ストライカーは特別な存在



ストライカーの人も


俺は守備なんかしないよ
俺にボールを持ってこい
そのかわり点はとる
試合に負けたら点をとれなかった俺のせい



そのくらい気持ちでいてほしい


点をとれたら・・・


それは俺にボールを集めてくれたみんなのおかげ
そこだけは謙虚で・・・


しっかり守ってパスをつないで
あいつに渡せば決めてくれる
あいつに決めさせたい



そんなストライカーを目指してもらいたいし
周囲もそんなストライカーを育ててほしい



そんなふうに考えさせられました。



湯浅健二関連商品


ブログパーツ

web拍手
2009-07-16

ストライカーの形

以前SMSD
釜本邦茂の興味深い記事を読みました。
(当時の記憶を頼りに書いているので、あいまいなところはすみません。)


1968年メキシコ五輪で日本が銅メダルをとり、そのときの得点王
日本サッカー最高のストライカー


管理人も釜本邦茂のプレーを初めて見たのが引退試合です。
サッカーの神様・ペレやオベラートが来た試合
途中出場で得点もあげてました。


日本サッカーの父とも呼ばれる
デットマール・クラマーさん
インタビューで
日本サッカーがレベルアップし、
これからもレベルアップしていく
そういうことを話していました。


メキシコ五輪の時より
日本は間違いなく強くなりレベルが上がったことを認めたうえで


メキシコ五輪の時と今の日本の違いはどこですか?


最後の質問です


「釜本がいないことです!」


シンプルな回答でした


得点力不足
そう言われてるフル代表
そのたびにガマさん(釜本のあだ名)がいれば・・・
待望論も出ていましたが


もともと点の入りにくいスポーツだから
それはどこの国でも言われていることでしょうけど


釜本邦茂の記事によれば


自分の形


そういうものを持っているFWが少ない
そう言ってました。


ロベルト・バッジョ
引退後に発売されたバッジョのDVDを見ました。
セリエAでの全205ゴール

気になったパターンがありました。
1つ目はこちら
bajjo01.jpg


青の点々○からドリブルを始めて
青ののところまできたところで
右足でカーブをかけてまくようにゴール


2つ目がこちら
bajjyo02.jpg


同じように
青の点々○からドリブルを始めて
青ののところまできますが
そこで右足でキックフェイントなどでシュートを打たず
そのまま右足で左へ切り返しドリブルで
2個目の青の点々の○のところまでいって
左足でゴールです
左足でも決められる、そこが強みです。


バッジョの動画です



この2つのパターンが


バッジョの1つの形


そう思いました。


右足でカーブをかけたシュート
あの必殺の武器があるから
キックフェイントに相手DFがひっかかる。
でも、チェックにいかなきゃシュートを打たれる
いってもかわされるかも
でも、いかなきゃ・・・
そんな感じでしょうか


この他にファンタジーあふれるゴール多数です
PKも多かったです


同じように右足でカーブをかけたシュートがうまい選手としては
アレッサンドロ・デルピエロ


下の白く塗りつぶした部分
derupierozo-n.jpg
あまりにもここらへんから決めるから


デルピエロゾーン


なんて呼ばれていました
デルピエロの動画




クライフがよく使うターンフェイント


クライフターン


クライフターンの動画(00:19~00:40)



自分の名前が技の前につくなんて最高でしょうね


ガマさんも自分の形を持ってました。


目を閉じていても入る


そう言われていた右45度
gamasan.jpg
ガマさんは


・左サイド(ファーサイド)のゴール下
・右サイド(ニアサイド)のゴール上


主にこの2箇所を
GKが取りづらいと思い狙っていたそうです。


釜本邦茂のころと今のサッカーは違う
スペースがなく一人ひとりがボールを持つ時間も短い
テクニックも今のほうがうまい
それもわかっている
そんなようなことを言ったうえで


サッカーがどう変わろうが自分の形に持ち込んだら同じ


そんな感じのことを言っていました。


元日本代表の都並敏史
Jリーグの前の日本リーグを経験しています。
日本リーグで若い頃釜本と対戦したことがあるそうです。


「ふっとばされました。」


対戦したJリーガーと比べてもフィジカルは強かったようです。


最近インステップキックで強いシュートを打てる選手が少ない。
とも言っていました。


強いシュートを打つにはどうしたらいいか?


止まっているボールを蹴ること
筋トレは二の次
ボールを強く蹴る筋力を養うためにはボールを蹴ること


そう言ってました。


自分なりの蹴り方


・助走角度
・軸足の位置
・蹴る角度etc


それができてから動くボールを蹴る、といった感じです。


最近では強いインステップキックを蹴れると
レッズの田中達也を褒めていました



岡田監督


「平均80点の選手よりも、何か1つ100点の武器を持っている選手のほうが使いやすい」


そういう言葉をを聞いたことがあります。


サッカーやられているみなさま
これは絶対誰にも負けねーとかそういう
自分の形って持っていますか?


未来の代表を目指すみなさま
自分の形をまず1つ身に着けてみて下さい。


釜本邦茂関連商品


ロベルト・バッジョ関連商品


アレッサンドロ・デルピエロ関連商品


ブログパーツ

web拍手
Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。