代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2009-08-04

本田圭佑 アシスト&開幕戦ゴール!!

やったぜ本田圭佑!!!!





非凡なセンスを感じさせるアシスト!


得点はナイスボレーですけど、
相手の守備もあまいですね。


それにしても
3人抜きドリブルキレキレです!!
最後シュートなり、
中に折り返せれば・・・。


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ

web拍手
スポンサーサイト
2009-08-02

神様に選ばれた試合 

「神様に選ばれた試合」
~甦る真夏の名勝負~


先日のテレビ朝日の番組です。
タイトルが面白そうなので見てみたのですが


「水泳の北島選手と佐藤選手」

「ハンカチ王子とまーくんの甲子園」

サッカー日本代表の伝説のPK戦


この3つの話をやっていました。


「サッカー日本代表の伝説のPK戦」といえば・・・



2004年7月31日
AFCアジアカップ2004
準々決勝


日本vsヨルダン


日本代表どころか
全てのサッカーのPK戦を含めても
そして、すべてのスポーツから見ても
壮絶でドラマティックな出来事で
まあ、当然の選択だろと思いつつ
あのPK戦の裏側の話を
1度じっくり聞いてみたかったので
楽しく見させてもらいました。


それにしても今見ても
ちょっと涙腺が緩んでしまいました。


アジアカップ2004といえば
開催国の中国の反日感情もあり
普通なら開催国の中国と対戦する以外は
セントラルとなるのに
日本の試合はどの試合も
中国人からの大ブーイング


国家斉唱の時まで大ブーイング
マナー的にもどうなの?って感じで
スポーツに政治はもちこまないでもらいたい
そう思う大会でした。


日本代表の乗るバスを
中国人が包囲するなんてこともありました。


俊輔
「アウェーよりアウェー」


中澤
「スタジアム全部が日本の敵と感じた」


そんな異常な状態での戦いでした。


さすがにこの大会の後は
日本代表が中国で試合しても


他国にブーイングしないで
自国を応援しよう


そんな感じで
自粛するようになったみたいですけど。


グループリーグを1位通過した日本代表
決勝トーナメント1回戦で当たったのがヨルダンでした。


この試合はリアルタイムでは見れなかったので
ビデオ録画しておきました。


結果を聞いた時は
アジアでも強豪とは言えないヨルダンに
PK勝ちかよと思っていました。


帰宅後、スポーツニュース等でPK戦を観て驚きました。
壮絶です。
この試合をリアルタイムで見ていた人
うらやましいななんて思っていました。


日本vsヨルダン戦


異常な雰囲気です。
両チームのサポーターの他に
大勢の中国人
ヨルダンサポーターと中国人が一体化
ヨルダンコールの大合唱
スタジアム全体が
日本の敗北を期待しているかのよう
日本のサポーター席へ物が投げ込まれたり・・・


で、PK戦・・・


GK川口
「ワクワクしてましたよね。
楽しみというか
このPK合戦をものにしたら
自分がヒーローになれる
代表でやっていくためのラストチャンス
そういう気持でやってましたので」


川口のこういうとこ好きです。


PK戦
先攻は日本です。
1人目のキッカーは俊輔


蹴る前からペナルティスポット
特に左利きのキッカーの軸足になるとこの
芝の悪さを気にしています。


案の定俊輔の蹴ったボールは
大きくゴールバーを越えていきます。


俊輔
「滑るというか
芝がグイッとなって
そこからスコンといかれるんで
よく固めて蹴ったんですけど
想像していた以上に
周りが全部地すべりみたいに
滑ったんですよ、ズブッて。


蹴った後に外してしまって
みんなに申し訳ないのと
こんなのムリでしょっていう・・・」


ヨルダンの1人目は成功。


日本の2人目は三都主
左利きです。


俊輔から芝生がズレることは
聞いていたようです。


三都主も俊輔と同じように失敗。


ここでキャプテンの宮本が審判に講義です。
PKを行うサイド変更を直訴
知的とされていた宮本
英語で講義したと聞いていましたが


「Referee! This is not fair
You should change the side
You must think about it.」


こう言ったそうです。


宮本
「駄目もと
90%ぐらいは聞き入れてもらえない
何かヨルダンの選手に
プレッシャーをかけたかった。
負けたくないという気持ちが
あの行動を起こしたと思う。」


主審のスブヒディン(マレーシア)
ピッチを離れ考慮・・・


ヨルダンはそれに抗議


そして、PK戦途中でのサイド変更
前代未聞の出来事です。


スブヒディン主審
「あれほどの完全アウェーは私も初めてでした。
でも私はいつも通り両チームにとって
公平なジャッジを心がけて試合に臨んだのです。
あの時、芝が大きくズレてしまうことを私は確認しました。
こんな状態でPKを続行できるのか?
いや、このピッチでは試合にならないと判断したんです。
サイド変更は私のキャリアでも初めてだったし
サッカー史上でも初めてのことだったと思いますよ。」


こうしてサイド変更は認められました。
スブヒディン主審、ナイスな心がけです!!


さらにジーコ監督はヨルダンの2人目が
まだ蹴っていないため
三都主からのやり直しを要求しました。
これは認められず
サイド変更後
ヨルダンの2人目は成功。


日本2本連続の失敗・・・
トータル 0-2


これは痛いです。
PK戦においてこれは・・・


リアルタイムで見ていたら
もう駄目だ・・・と思っていたでしょう。


日本3人目は福西
成功。


中澤
「あのまま(サイド変更せずに)いっていたら
日本の選手の精神状態は
不安のまま望んでいたと思うんですけど
ピッチが変わったことによって
ゼロから気持ちを作ることができた。」


ヨルダン3人目
成功。


トータル 1-3


日本は次を決めなければ敗退。


日本4人目は中田浩二
左利きです。
これは成功。


決めた中田浩二は胸を叩き
川口を鼓舞!


ヨルダン4人目。
決められたら日本は敗退。


川口
「もう自分の世界に入ってますよね。
研ぎ澄まされた状況ですよね。」


ヨルダン4人目
川口は右に飛び
ボールも同じ方向へ
川口はパンチングでボールをはじき
そのボールはゴールバーに当たり
ノーゴール


俊輔
「スーパーセーブですよね。
あれで(いい流れへの)連鎖反応が続きましたよね。」



ヨルダン4人目は失敗。


トータル 2-3

まだ日本の後がない状態には変わりません。


日本5人目は鈴木隆行
成功。


でも、ヨルダン5人目が決めれば敗退。


ヨルダン5人目
なんとゴールの枠を外すミスキックで失敗。


トータル 3-3


ここにきてやっと振り出しに戻りました。
サドンデスに突入です。


日本6人目は中澤
これはヨルダンGKの完璧な読みで
止められて失敗。
またまた絶対絶命のピンチ。


ヨルダン6人目
川口は左に飛び
ボールも同じ方向へ
またしてもパンチングではじいたボールは
ゴールバーに当たりノーゴール


もう実況も解説の松木さんも大絶叫です。
松木さんの解説も賛否両論ありますが、
松木さんの


「最後まで諦めるな。」的なセリフも好きです。


トータル 3-3


宮本
「(川口)能活が弾いたボールが
クロスバーに当たるというのが2回ありましたから
これはついてるという以上のものが
起こっているなと・・・
まだ鳥肌が立つ感じですね。」


日本7人目は宮本
冷静に成功。


日本は初めて優位に立ちました。


ヨルダン7人目。
止めれば日本の勝利。


ヨルダンの7人目が蹴ったボールは
ゴールバーに当たってノーゴール


日本勝利です。


結果を知ってから見たこのPK戦
今こうして見ても感動するこのPk戦
リアルタイムで見ていた人は
いったいどうだったのでしょうか?


俊輔はしばらく川口の胸に顔をうずめていました。


俊輔
「完全に神様でしょ。
日頃からお世話になっているのに
まだ助けてくれるのかと思った。
今でも感謝の気持ちはありますね。」


川口
「苦しい状況の中でも
絶対に最後まで諦めなければ
必ず有利な方向に進む
活路を見出せるということを
改めて再確認できた瞬間でしたね。」


そして、日本は決勝で地元の中国をやぶり
アジアカップ2連覇です。


俊輔
「僕もあーゆーのを見て
なんか・・・初心に返れましたね
諦めないというか・・・」


中澤
「とにかく最後まで諦めない。
そういうチームっていうのは
こういう奇跡をおこせるのかなと
感じた大会だったので・・・」


絶対に諦めない気持ちが生んだ奇跡の勝利でした。


サッカー以外のことにも通じるいいお話です。


松木さん
「いやー僕は諦めてなかったですよ。」




アジアカップ2004の動画をいくつか。









ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

web拍手
Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。