代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-02-28

サッカー日本代表に中村俊輔は必要か、不要か?

先日、友人たちとサッカー日本代表に
特に今の状態で


中村俊輔が必要か!?


そういう議論になりまして
賛否両論盛り上がりました。


そこで、この手の記事がないかなと
探していたら


フローラン・カバディさんの
ALL FOR THE JAPAN BLUE !! (全ては日本代表の為に!!)


こちらで「中村俊輔、不要?論」という
大変興味深い記事を見かけました。


俊輔が素晴らしい選手だということを踏まえた上で
今の代表には不要ではないかと


もし俊輔を活かすなら、例えば


「前線には田中達也のようなドリブルでつっかけて
 ファールをもらうような選手を入れて、
 セットプレーに強い闘莉夫や中澤で点を取る。」



この意見に大賛成です。


「俊輔のフリーキックは国際レベル」


なわけですから。


パッとイメージできる
代表の得点パターン・・・。


・俊輔の直接FK

・セットプレーからの闘莉王、中澤の
 打点の高いヘディング


残念ながらこれくらいしかイメージできません。


でも、これは世界では微妙ですが
アジアでは脅威ですよ。


いいかえれば


この2つの得意なパターンを持っている


とも言えます。


岡田監督が横浜F・マリノスで2連覇したような
現実的なサッカー


これを代表ではやらず


人とボールが動く
理想的なサッカー


これを目指しているわけですが


前線が動きすぎて
かえって自分たちでパスコースをなくし


《効果がないのに難しいサッカー》


そう言われたりもします。


協会が岡田監督を解任しないのなら
岡田監督が考えを変えて


ガチガチに守って
ロングパスを多用して
カウンター狙い


前線の選手はドリブルを多用して
ファウルをもらえれば
俊輔の直接FKからのシュートか
中澤&闘莉王に合わせる


弱者が強者に挑むサッカー


こっちのほうがよっぽど
現実的です。


でも、これは将来の日本サッカーの為にならないと
やらないわけで・・・。


ジーコジャパンのポゼッションサッカー


オシムジャパン~岡田ジャパンの
考えて走り
人とボールが動くサッカー


オランダみたいに
幼少のころから
代表と同じ戦術を指導される


そのようなことはなく
日本はいまだに
日本のスタイルを確立できず
模索中ですが


ジーコジャパンの時も流れの中から
得点が奪えず


セットプレーばかりと批判されていましたが


岡田ジャパンはセットプレーからも獲れないような・・・。


俊輔が必要か不要かは
岡田監督に任せますが


・俊輔の直接FK

・セットプレーからの闘莉王、中澤の
 打点の高いヘディング


数少ない代表の得意の(!?)
点が獲れそうな気がするパターンは
もっと生かしてもらいたいですね。


ブログパーツ


web拍手
スポンサーサイト
2010-02-28

FUJI XEROX SUPER CUP 2010 フレンドリーマッチ

FUJI XEROX SUPER CUP 2010 

鹿島vsG大阪


録画しておいたこの試合
その前に


FUJI XEROX SUPER CUP 2010 フレンドリーマッチ

U-18Jリーグ選抜 対 日本高校サッカー選抜


鹿島vsG大阪戦のあとに
ハイライトやってるはずだから
まずそっちから見ようと・・・


ない・・・


鹿島vsG大阪戦が
PK戦までもつれたから
休止か・・・。


と思ったら・・・

rickさんのブログトリコロールの勇者達blog


こちらのほうにアップされてたので
参考にさせていただきました。
たすかりました。


この年代の試合はいつも楽しみです。


将来のサッカー日本代表
日本サッカーを背負っていくような



そんな選手が現れないか。 


推測すると
スタメンは以下の通りだと思います。


U-18Jリーグ選抜 4-4-2
201002281438 u-18


高校選抜 4-3-3
201002281657 高校選抜


こんな感じなのかなと


そんな中、高校選抜の


FW 11 赤崎 秀平(佐賀東高校)


いいプレーが見れました。
動画タイム02:46~
赤いユニフォームがU-18Jリーグ選抜
白いユニフォームが日本高校サッカー選抜



201002281720 赤崎


中盤のボールの奪い合いから
高校選抜のCBの選手がインターセプト
前線の赤崎君にパス


この時点で前線3対3


Uー18の方はボランチ的な選手だと思いますが
その最終ラインの前にも2人
数的有利です。


赤崎君は中央のトップの選手に
ダイレクトパス&ゴー


中央のトップの選手も
ダイレクトで赤崎君へ
ワンツーパス


赤崎君はボールを受けると
チェックに来た相手DFの選手を

ドリブルでかわし
シュート


シュートは残念ながら枠には飛びませんでしたが


CBの鋭い読みからの
インターセプト&前線へ早いパス


ダイレクトパス2本


ドリブル勝負でDFをかわしてのシュート


ゴールから逆算したような
ゴールへ直結したいいシーンでした。


何といってもペナルティエリアの中で
ドリブルで仕掛けたのが素晴らしい!!


どうでしょうか


ゴールへの近道をせず
遠回りばかりしている


今のサッカー日本代表に
足りないプレーばかりの気がします。


ちなみに今回のフレンドリーマッチの全メンバーです。


●U-18Jリーグ選抜


GK 1 渡辺 泰広(アルビレックス新潟)

DF 13 松原 健(大分トリニータ)

DF 3 高野 光司(東京ヴェルディ)

DF 12 松藤 正伸(FC東京)

DF 4 廣木 雄磨(FC東京)

MF 10 堀米 勇輝(ヴァンフォーレ甲府)

DF 6 夛田 凌輔(セレッソ大阪)

MF 8 大森 晃太郎(ガンバ大阪)

MF 7 高木 善朗(東京ヴェルディ)

FW 9 原口 拓人(ガンバ大阪)

FW 15 杉本 健勇(セレッソ大阪)

控え

GK 18 田尻 健(ガンバ大阪)

MF 5 相馬 大士(柏レイソル)

FW 14 小野 裕二(横浜F・マリノス)

FW 16 久保 裕也(京都サンガF.C.)

MF 11 高原 幹(名古屋グランパス)


●日本高校サッカー選抜


日本高校サッカー選抜は
第88回全国高校サッカー選手権大会の
「大会優秀選手」より選抜した選手です。


GK 12 櫛引 政敏(青森山田高校)

MF 8 平塚 拓真(山梨学院高校)

DF 4 中田 寛人(山梨学院高校)

DF 2 須藤 貴郁(矢板中央高校)

DF 6 中島 龍基(青森山田高校)

MF 7 碓井 鉄平(山梨学院高校)

MF 10 柴崎 岳(青森山田高校)

MF 3 柳 真人(作陽高校)

FW 9 宮市 亮(中京大中京高校)

FW 11 赤崎 秀平(佐賀東高校)

FW 14 黄 順旻(神村学園 高等部)

控え

GK 1 原田 直樹(広島観音高校)

DF 5 小谷 祐喜(関西大学第一高校)

MF 16 椎名 伸志(青森山田高校)

MF 18 三田 尚希(青森山田高校)

MF 20 小島 秀仁(前橋育英高校)

FW 13 大西 晃広(香川西高校)

FW 15 山本 大貴(ルーテル学院高校)


この中から将来の日本サッカーを背負う逸材が出現して欲しいし
そうなってもらわないと困ります。
期待しています。


ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ


ブログパーツ


web拍手
2010-02-28

さらば欧州…俊輔「新しい挑戦」へ決意の旅立ち

中村俊輔が8年振りに

Jリーグ 横浜F・マリノスへ復帰です。


エスパニョールで活躍できなかったのは残念ですが
それは戦力外ではなく
構想外です。


レギュラーで出れるチームのほうが
いいと思うので。


なにはともあれ
Jリーグで俊輔が見れるのはうれしいです。


ヤフースポーツの記事全文はこちら


web拍手
2010-02-28

カターニャ、森本バーレーン戦出場をOK

森本が3月3日のバーレーン戦に来るようです。


招集に難色を示していたカターニャ、ロモナコGM


「日本にはFWがいないからどうしても、
 ということだったんで応じた」



体調面、時差、移動・・・。


いろいろ考えさせられる面もありますが
代表で森本を見てみたいので
頑張ってもらいたいです。


nikkansports.comの記事全文はこちら


web拍手
2010-02-28

森本が勝利を決定付けるゴール!! チームの快勝に貢献

森本ゴールです。

2試合連続でベンチスタートとなった森本でしたが

第21節のパルマ戦以来公式戦6試合ぶりで、

今季通算5得点目です。


やりました森本!!


nikkansports.com記事全文はこちら





web拍手
2010-02-28

本田圭佑の評価

欧州チャンピオンズリーグ
決勝トーナメント1回戦 第1戦

2月24日=日本時間25日

CSKAモスクワ(ロシア)のサッカー日本代表MF本田圭佑が
セビリア(スペイン)戦にスタメンで出場し活躍したようです。


ヤフースポーツの記事全文はこちら


気になるのは現地の評価


日本のニュースだと
いいとしか報道しない面もありますから・・・


そこで日本テレビの
欧州チャンピオンズリーグのダイジェスト番組
元サッカー日本代表の都並氏が出てるやつ


ロシアの全国紙の新聞


『スポルト・エクスプレス』(2月25日付)


番組スタッフが買ってきたそうです。


本田の写真が大きく掲載されていて


「CSKAが本田を獲得した理由がわかった

 飾りではなく チームに必要な選手

 技術も高く 決定力もある」



やりました。


都並氏

「入ったばかりのチームでね

 味方からこれだけボールを集められるのは
 
 よほど技術の高さがチームに信頼されているってことですよ。」



新聞の本田の評価も 6.5点
チーム最高得点です。


うれしいかぎりです。





web拍手
2010-02-27

富士ゼロックス・スーパーカップ2010

今日は富士ゼロックス・スーパーカップ


「鹿島アントラーズ」(2009Jリーグチャンピオン)

「ガンバ大阪」(第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝)


この2チームの対戦です。


スタジアムは国立競技場(東京)
10:00開場 13:35キックオフ

テレビ中継は日本テレビで13:30です。


解説:武田修宏
解説:城彰二
実況:寺島淳司


ゼロックス・スーパーサッカー時代から
楽しみにしていた大会です。


今の形式になってから
この大会が開催されると
今年もJリーグが始まるなと思います。


サッカー日本代表の人気低迷。
Jリーグも民放ではあまり放映されなくなりました。


そんな中、特別協賛の
富士ゼロックスには感謝です。


予想スタメン


鹿島
201002270102 鹿島

G大阪
ガンバ大阪


そして今大会から


フレンドリーマッチとして


大会名称


FUJI XEROX SUPER CUP 2010 フレンドリーマッチ
U-18Jリーグ選抜 対 日本高校サッカー選抜


10:00開場 10:40キックオフ


日本高校サッカー選抜は
第88回全国高校サッカー選手権大会の
「大会優秀選手」より選抜した選手です。


この試合があるようです。


テレビ中継もハイライトですが
同テレビでの鹿島vsG大阪戦後の
15:35~15:45です。(休止の場合ありです。)


U-18Jリーグ選抜


GK

渡辺 泰広(新潟)
田尻 健(G大阪)


DF

岡本 拓也(浦和)
廣木 雄磨(FC東京)
松藤 正伸(FC東京)
高野 光司(東京V)
夛田 凌輔(C大阪)
松原 健(大分)


MF

相馬 大士(柏)
高木 善朗(東京V)
熊谷アンドリュー(横浜F・M)
堀米 勇輝(府)
大森 晃太郎(G大阪)
小川 慶治朗(神戸)


FW

小野 裕二(横浜F・M)
久保 裕也(京都)
原口 拓人(G大阪)
杉本 健勇(C大阪)


スタッフ
監督  倉又 寿雄(FC東京)
コーチ 本吉 剛(FC東京)
コーチ 國保 塁(FC東京)
GKコーチ 橋本 亮一(FC東京)
トレーナー 澤井 岳(FC東京)


日本高校サッカー選抜


GK

原田 直樹(広島観音高校)
櫛引 政敏(青森山田高校)
菅野 一輝(尚志高校)

DF

須藤 貴郁(矢板中央高校)
中田 寛人(山梨学院高校)
小谷 祐喜(関西大学第一高校)
中島 龍基(青森山田高校)
横 充俊(青森山田高校)
関 篤志(山梨学院高校)


MF

柳 直人(作陽高校)
碓井 鉄平(山梨学院高校)
平塚 拓真(山梨学院高校)
柴崎 岳(青森山田高校)
椎名 伸志(青森山田高校)
三田 尚希(青森山田高校)
小島 秀仁(前橋育英高校)


FW

宮市 亮(中京大中京高校)
赤崎 秀平(佐賀東高校)
大西 晃広(香川西高校)
黄 順旻(神村学園高等部)
山本 大貴(ルーテル学院高校)


スタッフ
団長 樋川 利雄(大阪府立登美丘高校)
総務 福島 省三(福岡県立筑前高校)
総務 山口 浩(奈良県立平城高校)
監督 大浦 恭敬(香川西高校)
















web拍手
2010-02-27

平山ワクワク!俊輔ら欧州組と初コラボ

サッカー日本代表FW平山(FC東京)
が欧州組との初コラボについて


MF中村俊について

「キックがうまいので、ボールの呼び込み方が大事」


FW森本について

「イタリア人のFWという感じ。
 お互い、いっぱいいっぱいですけど頑張りたい」。



1月のイエメン戦で衝撃のハットトリックも
2月の4試合で不発に終わり、


今回の招集には

「びっくりした。前回は緊張もあったけど、
 今回は初日から強い意思を持ってプレーしたい」



今の代表には
ポストプレーヤーがいたほうがいいと思うので
平山には期待しています。


web拍手
2010-02-27

中村俊輔、横浜マへ復帰 W杯への準備考え決断

中村俊輔、横浜マへの復帰が決まったようです。


エスパニュールで活躍できなかったのは残念ですが
Jリーグで見れるのはうれしいです。


asahi.comの記事全文はこちら


web拍手
2010-02-26

東アジアサッカー選手権2010決勝大会 韓国戦 マッチレポート 3

2010年2月14日(日)

東アジアサッカー選手権2010決勝大会

サッカー日本代表vs韓国代表戦

マッチレポート 3

マッチレポート 2より続いています。2はこちら

前半30分~45分(ロスタイム2分)


前半30分~45分(ロスタイム2分)・データ

日本~前半15韓国
1ゴールキック0
0コーナーキック0
0オフサイド0
5ファウル2
1シュート4
1GKキャッチ0
0GKパンチング0
0ポスト・クロスバー0
0DF防0
0枠外2
0有効0

1

ゴール2

 

ショートパス
3成功7
1ミス0
0カット4

 

ロングパス
0成功4
1ミス0
1カット2

 

スルーパス
0成功1
0ミス0
0カット0
0キラーパス0

 

ドリブル
0成功1
0ミス0
0カット1
00

 

クロス
0成功1
0ミス0
1GK防0
1DF防2

 

 




●ダイジェスト動画



31分 韓国 動画タイム01:25~


図1
201002260346 01


図1のような感じでキム・ボギョンにボールが渡り
キム・ボギョンはドリブル勝負
内田の右側へかわすと
内田は左足でキム・ボギョンを引っ掛けてファウル


韓国のPKです。


32分


このPKを イ・ドンククが落ち着いて決めて


韓国ゴール!!


日本1-1韓国


内田も不用意なファウルですが


やっぱりペナルティエリアに入ったら
ドリブル勝負です!!
こういうこともあるから


なんで日本は勝負しないんだろう????


38分 日本  


ペナルティーエリア外ゴール正面から
中村憲が右足でシュート!
ボールはGKイ・ウンジェがキャッチ


日本のシュートはこれだけです。


39分 韓国 動画タイム02:35~


図2
201002260413 02


ペナルティーエリア外でボールを受けた
イ・スンヨルがミドルシュート


ボールはブロックに入った中澤に当たってコースが変わり
ドライブ気味の回転がかかったシュートとなり
GK楢崎の頭上を越えてゴールに吸い込まれる。


韓国ゴール!!


日本1-2韓国


イ・スンヨルがシュートを打つ時 動画タイム 02:39位


図2の状態ですが
日本の4バックはきっちりラインを保てているし
人数的にも日本の方が多いですが


ゴールが見えたらシュートを打てです!


シュートを防ぎにいった中澤に当たり
コースが変わるという
アンラッキーな面もあります


中澤を責めるのはかわいそうだと思います。


それより海外のレベルの高い試合でも
こういうシーンは意外と多いし


シュートのこぼれ球を詰めて
押し込むなど


結構泥臭いゴールも多いはず


日本ももっとシュートを打たないと


41分 日本


やっちゃった、闘莉王・・・。


左サイドからのFK。
遠藤がクロスをゴール前に送るがGKがキャッチ。
このプレーの際に闘莉王が韓国DFともつれて倒れ
闘莉王がそのDFを蹴って
レッドカードを受けて一発退場


こういう闘莉王のプレーが一番嫌いです。
やらなくてもいいようなファウルで退場


このサッカー日本代表の雰囲気が悪い時期に
こんなファウルで1人少なくなるのが
どんだけ無駄なことか


1人少なくなった日本
以下のようなフォーメーションになります。
201002260436 03


42分 韓国


201002260449 04


最後尾からロングフィード
それを受けた選手がシンプルにクロス


そのクロスを受けた選手はキープし
後方から走りこんだ選手へバックパス


その選手はダイレクトでシュート


シュートはあさっての方向へ飛んで行きましたが


日本が1人少なくなったというのもありますが
縦へのロングフィードを簡単に通してはいけません。


韓国のシンプルで手数をかけず
かつダイナミックな展開でシュートまでいった
そんなシーンでした。


47分前半終了


“ボール回し”は確かに日本の方がうまいです。


どちらも
有効的なドリブル突破&スルーパスは
無いに等しいです。



けどデータを見る限り
ドリブル突破&スルーパス数は韓国の方が上。


韓国の方が


ゴールに向かってプレイしている


それがこの結果なのかな
そう思える前半でした。


4へ続きます。(後日アップします。)


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ


ブログパーツ


web拍手
Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。