代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-04-25

サッカー名言集 18

ヤングマガジンに連載中の

塀内夏子氏の「コラソン サッカー魂」から

名言(名シーン)を。

そして、思うことを。


ワールドカップアジア最終予選を戦うサッカー日本代表

5試合を終えて1勝3分1敗

5チーム中4位の危機的状況

監督も交代


そして望んだ6試合目

新たに日本代表監督に就任したヘルマン監督

6年前にJリーグ永久追放処分を受けた

ブラジル・ブルメナウFC所属のFW、戌井凌駕(いぬいりょうが)を

いきなりスタメン抜擢


そして、キックオフ10分前のミーティング


ヘルマン監督

「さて、充分わかっているだろうが

 この試合はW杯出場がかかっている一戦だ

 そして、世界が注目している

 W杯に出場するすべての国が

 日本のW杯出場を心から願っている

 なぜなら、

 皆、W杯の予選リーグで

 日本と同じグループに入りたいからだ!



 驚愕する代表選手たち

 血相を変え

「ヘルマン監督!」

「あんまりだ」などの声


ヘルマン監督

「その顔だ

 その顔でピッチに入れ!

 闘う場所だ!

 闘う顔で往け!!


 闘志は内に秘めている?
 
 外国人の私から見れば

 そんな顔は

 『自信がない』
 
 としか映らんぞ!」



選手入場

対戦国の選手は

日本代表選手たちの顔を見ただけで

驚きの表情を見せます。

“闘う”顔で試合に挑もうとする代表選手の面々のアップ

そこで、今号は終了。

そして、最終ページに記載される

ヤングマガジン側のコメント


「“気迫”で相手に劣っては

 勝利なんて掴めない!!

 指揮官の檄を受け

 代表戦選手がピッチに立つ!!!」



AFCアジアカップ

ここ5大会で3回優勝している日本

イマイチ結果を残していない韓国

でも、韓国に勝てる気がしません。


イマイチ闘志、気迫の伝わらない日本

それを感じられる韓国


闘莉王は帰化する時

どうしも“闘”の文字を入れたかったとか


闘志、気迫を感じる選手もいるけど

全員とは言えないような・・・


ラモス氏はよく“気持ち”、“闘志”的なことをいうけど

これは、うるさいのか大事なことなのか・・・


「六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント」


2002ワールドカップの日本代表に密着したDVD

これを見て驚いたのが試合前のミーティングで

“気合い入れていこう”とか多かったこと


ヒデが稲本に選手入場の際

「イナ、中盤で声出してって」

見たいなことを言って

「この大歓声で聞こえるかな」

そんな感じの会話をしていたこと


代表レベルでも“気合い”、”声を出してこう”

そんな言葉が飛び交うんだと思ったものです。


AFCアジアカップを取材していた

欧州の某記者

世界で通用しそうなのは

サウジアラビアとイランくらいなもの

そう言ったとか


フィジカル・身体能力が劣るサッカー日本代表

いい意味でも悪い意味でも

日本人の勤勉性を生かし

組織力で戦ってアジアカップ優勝

凄いことだと思います。


日本よりはフィジカルのあるサウジアラビア・イラン


中東特有のしっかり守ってカウンターのサウジアラビア

攻撃力のあるイラン

スピード・パワー・闘志の韓国


2010年4月7日のキリンチャレンジカップ

対セルビア代表戦


2軍以下のセルビア代表

現状の岡田ジャパンのやろうとしているサッカーは

強豪国がしっかり守備ブロックを固めれば

日本は崩せないし

無謀な前線からのプレスに

日本の武器の一つであるボールポゼッション

しかし、ここからパスをカットされカウンターで失点


この試合でワールドカップの日本の対戦相手は

日本との戦い方が決まったのでは・・・


勝ち点3が一番計算できるのは

今のサッカーなら

悔しいけど日本でしょう


でも、これからも日本代表を応援するし、

日本サッカーが世界に通用するようになって欲しい

だからこそ、せめて

闘う顔の選手たちが見たい


そんな熱い気持ちにさせられた言葉(シーン)でした。


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
ブログパーツ


web拍手
スポンサーサイト
2010-04-25

キリンチャレンジカップ2010 セルビア代表戦 マッチレポート2

2010年4月7日(水)

キリンチャレンジカップ2010

サッカー日本代表vsセルビア代表

マッチレポート 2(1はこちら。)


ダイジェスト動画



前半15分~30分


前半15分~30分・データ(データについて)

日本前半15分~30分セルビア
0ゴールキック

1

2コーナーキック1
0オフサイド0
0ファウル1
3シュート3
0GKキャッチ0
2GKパンチング1
0ポスト・クロスバー0
0DF防0
1枠外1
0有効0

0

ゴール1

 

ショートパス
20成功6
1ミス1
3カット1

 

ロングパス
0成功0
1ミス0
0カット0

 

スルーパス
0成功1
1ミス0
0カット1
0キラーパス1

 

ドリブル
2成功0
1ミス0

0

カット2
01

 

クロス
1成功1
0ミス0
1GK防0
1DF防2

 

 




前半16分 日本


セルビア陣地

右サイドのハーフラインよりちょっと前で

ボールを受けた徳永

ドリブルで勝負し取られて

カウンターを受けます

このカウンターは日本が防ぎますが

ちょっと取られたらリスクの大きい場所での

徳永のドリブル勝負でした。


前半19分 日本


セルビア陣地でボールを回す日本


図1
20100410 前半19分 日本1


長友にボールが渡り

中村俊・遠藤・中村俊とつなぎ

中村俊がタメを作って

長友へ

長友がクロスを上げる状態


図2
20100410 前半19分 日本2


長友は左足で速く鋭い

カーブのかかったクロス

まずニアに興梠が走りこむも合わず

後方の岡崎がDFの前に体を入れて

シュートをするもGKに弾かれコーナーキックへ


岡崎はDFのプレッシャーを受けつつ

クロスのボールが手前でバウンドし

合わせるには難しいボールになって

右足のアウトサイドで合わせるも

シュートは威力がなく

GKはタイミングは狂ったものの

弾いたというシーン


日本のこの試合初めてのチャンスにして

初めてのシュート


中盤でポゼッションして崩して

速く鋭いクロスから

FW2人がDFの前で勝負するという

いい形でした。


前半20分 日本


図3
20100410 前半20分 日本1


このあとの遠藤のコーナーキックから

ショートパスを受けた中村俊から

遠藤へ

遠藤はカーブをかけたシュートを打つも

GKに弾かれ、再びコーナーキックへ


図4
20100410 前半20分 日本2


カーブをかけてまいて

ゴール右上隅

遠藤のイメージはこうだったのかな


というか、こうだったらよかったのに


以前、フィーゴがこのへんから

決めたシュートのように。


前半20分 日本


再びこのあとのコーナーから

遠藤の蹴ったボールは

ゴール前やや右の栗原に合い

栗原は打点の高いヘディングシュート

地面にたたきつけたシュートは

ちょっと威力がなく

GKに弾かれるも

栗原のいいプレイでした。


前半23分 セルビア


またしてもセルビア陣地でパスを回す日本

これをカットされカウンターをくらいます。

パスをつないで右サイドへ

ドリブル突破されグランダーのクロスを入れられ

これを中澤がクリアして

そのクリアボールを拾われた所から


図5
20100410 前半23分 セルビア1


クリアボールを拾ったニンコフ

ダイレクトでトミッチにパスし

ニンコフは一旦下がります

この二人に絡んだのは

中村俊・岡崎・稲本


図6
20100410 前半23分 セルビア2


トミッチはボールをキープし

ニンコフへスルーパス


局面で見たら2対3の数的有利

この状態でなんなくスルーパスを通させる


とやかくいうまでもなく

この時点でこの3人の守備は大問題です。


図7
20100410 前半23分 セルビア3


ニンコフがクロスを上げるシーン

ゴール前は3対4

ここも人数的には足りてます

ムルジャがニアに走りこんでいます

このクロスは一番遠いタディッチへ

タディッチはショートだと思いますが

右足でダイレクトボレ―

これがニアに走りこんでいた

ムルジャへ


TVではゴール前しか写していなかったので

ムルジャはゴール前の4人の日本DFの

最終ラインからみると明らかにオフサイド

実際あとでVTRで見てても

オフサイドでしょと思いました。

ゴール前の4人の日本DFも手を挙げ

オフサイドをアピールし足が止まってしまいます

放送席もオフサイドの声


しかしプレーは止まらず

ムルジャは、どフリーでシュート

楢崎が弾きますが

これがゴール前にこぼれ

ここで中澤がこのボールに初めて反応

他の日本のDFは

オフサイドをアピールし続けたりして

足が止まってしまいます。


こぼれたボールにはシュートを打った

ムルジャがあきらめずに詰めて

中澤と交錯

このボールが再びこぼれて

ここには他の日本・セルビアの各選手が詰めるも

ムルジャが一番早く詰めて

シュートしゴール・・・。


このゴール後の別角度のVTRを見ると・・・


岡崎が中途半端なポジションに残っていて

本当の日本の最終ラインは

図7の白い点線でした。


カウンターを、FWの守備参加で

ここまで戻ってきた岡崎はいいですが

なんとも信じがたいポジショニング


クロスを上げられたらゴール前に戻るとか

この場面ではこれはどう考えても間に合わない


しかも岡崎はクロスが上げられた後

ゴールの方を向いているわけだから

ムルジャが1人飛び出しているのは見えるはず

だったらゴール前の4人のラインに合わせ

ポジションを上げていれば

ムルジャはなんなくオフサイドになったはず


どフリーで打ったムルジャの最初のシュート

GK楢崎はよく防ぎました




ここまでの2失点


・・・・・
・・・・・


世界も驚くでしょう。


前半25分 日本


以降、後日アップします。



ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。

ブログパーツ

web拍手
2010-04-25

AFCアジアカップ カタール2011(2011/1/7~29) 組み合わせ決定

AFCアジアカップ2011組み合わせが決まりました。

日本はグループBです。

今回からワールドカップの翌年開催

ワールドカップから逆算して

学校の部活にたとえると

新人戦みたいな時期でしょうか。


2010ワールドカップが終わって

4年後のワールドカップを見据えたメンバーを収集したとしたら

ここで中心となる選手が見えてきそうです。


まーなんにしても、アジアのタイトルは全て獲る!!

目標は優勝しかありません。

ノルマも優勝!!


●グループマッチ組み合わせ

グループA  カタール クウェート 中国 ウズベキスタン

グループB  サウジアラビア 日本 ヨルダン シリア

グループC  韓国 インド オーストラリア バーレーン

グループD  イラク 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国) UAE(アラブ首長国連邦) イラン


●マッチスケジュール

月日/キックオフ時間/グループ/対戦カード/ (会場)


1月07日(金) 未定 A カタール 対 ウズベキスタン (カリファ)

1月08日(土) 未定 A クウェート 対 中国 (アルガラファ)

1月09日(日) 未定 B サウジアラビア 対 シリア (アルライヤン)

1月09日(日) 未定 B 日本 対 ヨルダン (QSC)

1月10日(月) 未定 C 韓国 対 バーレーン (アルガラファ)

1月10日(月) 未定 C インド 対 オーストラリア (アルサッド)

1月11日(火) 未定 D イラク 対 イラン (アルライヤン)

1月11日(火) 未定 D 朝鮮民主主義人民共和国 対 UAE (QSC)

1月12日(水) 未定 A ウズベキスタン 対 クウェート (アルガラファ)

1月12日(水) 未定 A 中国 対 カタール (カリファ)

1月13日(木) 未定 B シリア 対 日本 QSC

1月13日(木) 未定 B ヨルダン 対 サウジアラビア (アルライヤン)

1月14日(金) 未定 C バーレーン 対 インド (アルサッド)

1月14日(金) 未定 C オーストラリア 対 韓国 (アルガラファ)

1月15日(土) 未定 D イラン 対 朝鮮民主主義人民共和国 (QSC)

1月15日(土) 未定 D UAE 対 イラク (アルライヤン)

1月16日(日) 未定 A カタール 対 クウェート (カリファ)

1月16日(日) 未定 A 中国 対 ウズベキスタン (アルガラファ)

1月17日(月) 未定 B サウジアラビア 対 日本 (アルライヤン)

1月17日(月) 未定 B ヨルダン 対 シリア (QSC)

1月18日(火) 未定 C 韓国 対 インド (アルガラファ)

1月18日(火) 未定 C オーストラリア 対 バーレーン (アルサッド)

1月19日(水) 未定 D イラク 対 朝鮮民主主義人民共和国 (アルライヤン)

1月19日(水) 未定 D UAE 対 イラン (QSC)

1月21日(金) 未定 QF1 グループAの1位 対 グループBの2位 (カリファ)

1月21日(金) 未定 QF2 グループBの1位 対 グループAの2位 (アルガラファ)

1月22日(土) 未定 QF3 グループCの1位 対 グループDの2位 (アルサッド)

1月22日(土) 未定 QF4 グループDの1位 対 グループCの2位 (QSC)

1月25日(火) 未定 SF1 QF1の勝者 対 QF3の勝者 (カリファ)

1月25日(火) 未定 SF2 QF2の勝者 対 QF4の勝者 (アルガラファ)

1月28日(金) 未定 3/4位決定戦 (アルサッド)

1月29日(土) 未定 決勝 (カリファ)


ブログパーツ


web拍手
2010-04-25

南アW杯日本代表23戦士、5月10日14時発表

5月10日、午後2時から

東京都内のホテルで発表。

会場は、日韓W杯でメンバー発表を行った02年と同じホテル。

同じ部屋は押さえられなかったが、

テレビの生中継も予定されているようです。


12日に予備登録メンバー7人を公表。

6月1日にはFIFAに23人を登録

けが人が出た場合に限り

W杯初戦の24時間前までに診断書を出して許可されれば、

30人メンバー以外との交代もできる。


おそらく、3月3日のバーレーン戦のスタメンが

ワールドカップでも濃厚


セルビア戦で新たな発見もなし

サプライズなしの、

あまりワクワクし無い発表になりそうです。


日刊スポーツより。


ブログパーツ

web拍手
2010-04-25

W杯へ調子上向き!本田“股抜き”絶妙アシスト

ワールドカップメンバーにほぼ当確の本田圭佑

調子を上げてきたようです。

数少ない期待できる選手です。

岡田監督は“真ん中の選手”とのこと

トップ下起用が濃厚のようです。


スポニチより。


ブログパーツ


web拍手
2010-04-25

日本招待参加 11年南米選手権7・3開幕

サッカー日本代表が招待されている2011年南米選手権(アルゼンチン)

7月3日に開幕に決まったようです。

1999年大会では惨敗した日本・・・

アウェーのガチンコの大会に

出れること自体うれしいことです。


願わくば・・・

支持率最低の岡田ジャパン

2010ワールドカップ終了後

新たな監督の元、4年後のワールドカップを目指す

新生日本代表

2011年1月開催のアジアカップを優勝(に近い成績)で終え

チームとしてもまとまってきた状態で望んでもらいたいものです。


それでも、ガチンコの南米のチーム相手では惨敗で

“経験”しか収穫はないかも・・・。

でも、出来る限りいい成績を残してもらいたい。


日刊スポーツより。


ブログパーツ


web拍手
2010-04-19

JFAエリートプログラムU-14【U-14日本選抜】

AFC U-14フェスティバル (4/21~28)


スタッフ


監 督

星原 隆昭
(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ


コーチ

木村 康彦
(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ


GKコーチ

望月 数馬
(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ


選 手


GK

瀬見 礼矢
1996.04.22 173㎝ 60㎏ セレッソ大阪和歌山U-15

田口 潤人
1996.09.28 176㎝ 61㎏ 横浜F・マリノスジュニアユース


FP


表原 玄太
1996.02.28 162㎝ 56㎏ 徳島ヴォルティスジュニアユース

松川 宏二
1996.03.05 174㎝ 62㎏ 京都サンガF.C.U-15

須田 航
1996.03.24 170㎝ 57㎏ 魚沼フットボールクラブアルティスタ

信末 悠汰
1996.04.05 115㎝ 49㎏ DEMAIN SOLEIL 福岡

水嶋 匠
1996.04.20 165㎝ 54㎏ プリマベーラ函館・U-15

鑓水 隼
1996.05.01 168㎝ 55㎏ モンテディオ山形ジュニアユース村山

笹沼 孔明
1996.05.30 165㎝ 52㎏ 名古屋グランパスU15

佐藤 陸
1996.06.11 174㎝ 63㎏ 横浜F・マリノスジュニアユース

宮本 航汰
1996.06.19 172㎝ 58㎏ 清水エスパルスジュニアユース

草野 侑己
1996.07.21 164㎝ 51㎏ JFAアカデミー福島

柄脇 雅伸
1996.07.23 175㎝ 57㎏ サンフレッチェ広島ジュニアユース

北川 航也
1996.07.26 174㎝ 63㎏ 清水エスパルスジュニアユース

佐々木 渉
1996.07.28 167㎝ 55㎏ FC東京U-15むさし

会津 雄生
1996.08.01 163㎝ 55㎏ 柏レイソルU-15

井手口 陽介
1996.08.23 164㎝ 53㎏ ガンバ大阪ジュニアユース

松原 后
1996.08.30 174㎝ 60㎏ ジュビロ磐田ジュニアユース

藤本 裕豪
1996.09.16 163㎝ 48㎏ ヴィッセル神戸ジュニアユース

中島 賢星
1996.09.23 173㎝ 59㎏ アビスパ福岡U-15

藺藤 子龍
1996.12.24 173㎝ 61㎏ 横浜FCジュニアユース

辛島 侑烈
1997.01.15 166㎝ 53㎏ ベガルタ仙台ジュニアユース



ブログパーツ

web拍手
2010-04-19

U-19日本代表候補 トレーニングキャンプ(4/18~21@J-STEP)

スタッフ


監督

布 啓一郎 
(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ


コーチ

牧内 辰也 
(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ


GKコーチ

川俣 則幸 
(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ


選手
 
GK

川浪 吾郎  
1991.04.30 192㎝ 82㎏  柏レイソル

中村 隼  
1991.11.18 183㎝ 77㎏  モンテディオ山形

櫛引 政敏 
1993.01.29 182㎝ 68㎏  青森山田高校


DF

藤田 息吹  
1991.01.30 170㎝ 66㎏  慶應義塾大学

田中 優毅  
1991.03.27 172㎝ 66㎏  日本体育大学

阿部 巧  
1991.05.26 165㎝ 62㎏  FC東京

寺岡 真弘  
1991.11.13 179㎝ 70㎏  関西大学

須藤 貴郁  
1991.11.21 180㎝ 68㎏  平成国際大学

内田 達也  
1992.02.08 177㎝ 70㎏  ガンバ大阪

岡本 拓也 
1992.06.18 173㎝ 67㎏  浦和レッズユース

遠藤 航  
1993.02.09 175㎝ 69㎏  湘南ベルマーレユース


MF
六平 光成   
1991.01.16 174㎝ 64㎏  中央大学

山崎 直之 
1991.05.05 178㎝ 61㎏  東京学芸大学

古田 寛幸 
1991.05.23 172㎝ 62㎏  コンサドーレ札幌

茨田 陽生  
1991.05.30 171㎝ 58㎏  柏レイソル

小林 祐希  
1992.04.24 177㎝ 64㎏  東京ヴェルディユース

柴崎 岳  
1992.05.28 173㎝ 62㎏  青森山田高校

小島 秀仁  
1992.07.30 178㎝ 65㎏  前橋育英高校

高木 善朗  
1992.12.09 170㎝ 63㎏  東京ヴェルディユース

宮市 亮 
1992.12.14 180cm 66kg 中京大学付属中京高校


FW

重松 健太郎 
1991.04.15 173㎝ 68㎏  FC東京

原口 元気  
1991.05.09 177㎝ 63㎏  浦和レッズ

高木 俊幸  
1991.05.25 170㎝ 60㎏  東京ヴェルディ

宇佐美 貴史  
1992.05.06 178㎝ 68㎏  ガンバ大阪

杉本 健勇 
1992.11.18 187cm 76kg セレッソ大阪U-18



ブログパーツ

web拍手
2010-04-19

イングランド代表 対 日本代表

国際親善試合 イングランド代表 対 日本代表

試合日時 2010年5月30日(日) 14:15〔日本時間21:15〕キックオフ(予定)

会場 : UPCアレナ(オーストリア/グラーツ)

テレビ放送 : NHK総合テレビにて全国生放送



ブログパーツ

web拍手
2010-04-19

キリンチャレンジカップ2010 日本代表vs韓国代表戦 テレビ放送が決定

試合日時

2010年5月24日(月) 19:20キックオフ予定


会場

埼玉スタジアム2002


主催

財団法人日本サッカー協会


テレビ放送

テレビ朝日系列にて全国生中継

web拍手
Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。