代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2009-07-17

J5計画

「日本サッカー勝つための準備」セルジオ越後(講談社)

この本の中に、


Jリーグを拡大する」


という章があります。
2002ワールドカップ以前に書かれた本ですが


上手く説明できないので要点をまとめながら引用します。


「~『Jリーグ百年構想、あなたの町にJリーグを』
の実現のためにJFLをJ3にする
~地域密着を大きく掲げながら
都道府県のサッカー協会とJリーグは繋がっていない
~地元のJリーグのチームと
地元のサッカー協会に加盟している選手のスケジュールが合わない
こうした地元の選手が一方ではJリーグのお客さんになるのに
見に行きたいときは同じ時期に試合が組まれている
観客動員の減少に苦しんでいる中
自分たちで自分たちの首を絞めている」


「~J3と言うカテゴリーを作り、J2の下位2チームを自動降格し
降格したらアマチュアのチームとも一緒にやらなくてはならない
という環境にする
~J2に上がってしまえば目標達成という風潮になってしまう
それではJリーグが始まったころの
危機感のないリーグに逆戻りする恐れがある」


「~下はアマチュアから上はプロまで
各レベルのチームがそれぞれの地域に整然と存在する
Jリーグ百年構想を具現化するにはそんな形を作ることだ
プロとしてのトップチームはJ1~J5くらいまで作る
その地域にあったセミプロのようでもいい
少しずつステップアップしていけばJ1まで上がれるかもしれない
経営も好転してくる
選手たちもJ1やJ2に引き抜かれるかもしれない
代表にもなれるかもしれない
サッカーの底辺はますます広がっていく
~チーム数が増えれば
それだけS級ライセンスを持っている指導者にもチャンスが増える
~サッカー界の再登用の枠が広がる
~経営状態を最初からチェックし身の丈に合わせ、無理しない」


「J4以下ならばすべてのチームが全国に移動するのではなく
地域内で戦って各地域のトップどうしでリーグ戦を行ってJ3へ上がる
経営状態を考えたら、J5なら都道府県単位でいい」


「~こうすれば、巨額をつぎ込んだワールドカップ会場だって生きてくる
サッカー専用スタジアムを作ることにもつながる
そのためには、Jリーグとサッカー協会が
細かいところまで一緒になって考えることが必要だ
そうならないと、あなたの町にJリーグはいつまでたっても誕生しない


ポイントは


・構想外と戦力外
・控えと補欠の概念
・試合に出てこそ選手は育つ


こんなところです。


戦力外と構想外


監督が変わって戦力外通告と報道されて
ほかのチームに移籍して
そのチームで活躍する
そういう例はよくありますね。


それはあくまでその監督にとって


構想外


であって


戦力外


ではないということ。


戦力外・・・


それはその選手が現役を引退するとき
その時まで使わないほうがいいのではと思います。


控えと補欠の概念


ブラジルでは控えはいるけど
補欠という発想ないようです。


試合にでてこそ選手は伸びるし
選手なら試合に出たい
プロアマ問わず。


それにしては日本はチームが少ないそうです。
ブラジルは人口約1億8千万人
プロサッカーチームはなんと1000チームを超えているそうです。
スケールが違います。


自分にあったチームに移籍する
J1からJ2へカテゴリーが落ちたって
移籍はすごく前向きなこと
サポーターとしては微妙なところもありますが


クラブとしてはターンオーバー制ができるような
各ポジションのレギュラーと遜色ない
控えがいてほしいですね。


控えに甘んじている選手がそのクラブに残るか
移籍するかは選手とクラブの話し合い
選手が出した結果なら温かく見守るしかないかなと。


控え・戦力外・構想外
このキーワードだと
横浜Fマリノス
上野良治を思い出します。


キャプテンでレギュラーだった上野
岡田監督就任後構想外
五輪代表だった那須大亮
CBの那須をボランチにコンバート。


守備面の戦術的理由で
那須にできるかわからないけど
上野にはできない。


コーチは大反対
すし屋にコーチを連れてって説得
上野本人にも説得
上野は受け入れたそうです。


ほとんど出番がなくなった上野
シーズンが終わり
「チームを出たいならオファーがきている」
と上野に伝えても彼は残留。


次のシーズン、レギュラーの怪我から
出場機会を得た上野は大活躍


あの年齢でスタイルを変えてやってくれた上野
岡田監督はMVPは上野だと思っているし
逆に勉強になったそうです。


試合に出てこそ選手は育つ


こう考えると
中、高校のサッカー部
部員100名なんてありえないですね
1つの高校から2チーム以上登録できるようにするとかしないと


高校卒業してからJリーグには行かず大学に進学して
大学卒業後の選手が即戦力として活躍しています。


高校サッカーでスカウトの目に留まらなかった選手が
大学でさらなる進化を目指す。


そういったイメージがありますが


高校サッカーでスーパースター扱いされて
高校卒業してすぐJリーグ入りして試合に出られない


大学で試合に多く出ている
大学のレベルも上がっている
4年経てばどうなるか・・・


日本には大器晩成という言葉があります。
いい言葉だと思います。


韓国では中学でトップのほうにいないと
高校ではサッカーを続けられない
高校でトップのほうにいないと
大学でサッカーが続けられない
みたいな制度があると聞いたことがあります。
だから各年代の選手は必死だとか
(たしか「洪明甫(ホミョンボ)」物語かなにかで読んだ気がするんですが)


これだと今の代表でも
各世代で代表に選ばれていた選手はいいですが
そうでない選手は代表に入れなかったということになります。


高校サッカーの強豪の国見高校
年間100試合超えるそうです。


練習でうまくても実際の試合でつかえなければだめ
試合に勝つようになるには試合をする。
そういったところでしょうか。


監督によってより実践形式に近づける人もいます。


管理人は本格的にサッカーを始めたのは中学のサッカー部です。
ちょっと成長期を向かえるのが早かったんでクラスでも1番背が高く
3年生が引退した新チームで1年でレギュラーをとり
3年生時には部長にもなりました。


身体能力にものを言わせ大して努力もしていなく
このころには周囲も成長期を向かえて
たいしたことなくなっていた。
夢は高校サッカー選手権に出ること


夢だった高校サッカー
高校生になってテレビに出ているのは
自分と同世代
自分の才能のなさに気づいて
ちょっとサッカーやるの嫌になっていた時期があります。


高校卒業後、草サッカー
20代後半からは仕事や家庭の関係で人数が集まらず
フットサルに転向


30代後半、そろそろおっさんの域
でも、メンバーだいたい


O-35(オーバー35→35歳以上)です。


U-23(アンダー23→23歳以下)


とかではなく


オーバー35→35歳以上
それより若い人はダメ
というか20代前半とかのチームと試合したくないし
まず、スタミナが違うし
自分たちの老いを実感するし



O-40でやっている知人もいます
今、U-30のチームに入っても
自分が動けなくてつまんないと思うし


プロとかアマとか関係なく
試合に出ることができる
自分にあった
自分の居場所のあるチーム


今言えるのは


サッカーを続けてよかった


ということ
やっぱりサッカーはどこでやっても楽しいから
トップレベルの試合は代表選手にまかせて応援にまわろうと
やっぱアツくなります。
日本を代表してるし
自分たちの夢を託しているから


以前、経験者は、管理人ともう1人だけ
あとは未経験者


やってみたいけど・・・


そんな人ばかりでフットサルを始めました。


「サッカーって面白いね」


そう言われました。


キングカズの生き方賛成です。


カズ、現役引退してもずっとサッカー続けてほしいです。
続けるでしょうけど。


以前不仲説が噂されていて
売れなくなってからだとかっこわるいから
絶頂期の時に解散したバンドもあったようですが


ちょっとでも衰えを感じたら引退するのと
カズみたいにいくのと
どっちがいいとかわるいとか・・・
本人次第でしょうか


サッカー経験ある人で今やっていない人も
またやってほしい、なんて思うし


サッカー経験ない人もサッカーやってほしいです。
まずは、一人でリフティングとか
リフティング動画



リフティングやると格段に
トラップがうまくなります。


最初はボールをうまくあつかえないでしょうけど
うまくあつかえなくたっていいんです
10回位を目標に楽しみながら
そうするとサッカー観戦したとき


今のトラップ足にすいついてんなー


とか、思ったり
ミスったりすると


なんで今のミスるかなー


とか、ちょっとサッカーを観る目も変わってきたり
リフティングやりたくなったり
うまいトラップ真似したり・・・


ちょっと話がそれましたが・・・


セルジオ越後
辛口なのは日本サッカーを愛するがゆえだそうです。
ブラジルでは厳しいこと言う人がいるけど
日本にはいない
だから自分が言う!


日本のサッカーが発展するために


それと、1つのチームの監督になるより効果的と
サッカー教室を開き、全国を回って
そういう形で日本サッカーを変えようと考えたそうです。


歴代の代表でも、
少年の頃、セルジオ越後のサッカー教室で
セルジオ越後にサッカー教わった選手もけっこういるみたいです。


日本サッカーのためにいろいろ考えてるな
そう思う記事でした


J5計画
どう思われますか?



セルジオ越後関連商品


ブログパーツ

スポンサーサイト

web拍手

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccertoshi19.blog54.fc2.com/tb.php/21-57297be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。