代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-03-21

本田圭佑 1ゴール 1アシスト 布石と裏話。

欧州チャンピオンズリーグ(CL)

決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、

セビージャを相手に1ゴール1アシスト

CSKAモスクワの

サッカー日本代表MF本田圭佑。








日本テレビの都並氏のCLダイジェスト番組から


~本田のアシストのシーン~


何でもないようなパスに見えますが


でも、少ないモーションで

独特なタイミングで

本田らしいです。


しかし、これには本田の


マーカーの逆をとる動き


これが抜群だったということです。



本田をマークしていた

セビージャの8番ゾコラ(コートジボワール)


本田にマンツーマン的についてきたゾコラ

本田は何度かゾコラの逆を突くプレイを

繰り返していたようです。


本田のCSKAモスクワが

下から上へ攻めている状態


図1
図1


ボールを持ったCSKA1の選手から

左サイドCSKA2の選手へ

CSKA2の選手は少し下がりながらキープ


図2
図2


CSKA2の選手は本田へ

本田は左斜め前を向いて

ボールを受けようと


ここで本田のマーカーのゾコラが

その本田の体勢などから

青の矢印の方へ意識が集中


ここで本田はトリッキーに

得意の左足のヒールキックで

CSKA1の選手へ


ゾコラはこの本田のパスに

スライディングするも届かず


図3
図3


同じように本田にパスが入り

本田は左斜め前を向いてボールを受ける

ゾコラは今度は実際に

白丸の点線の位置に動いてしまいます。

本田はこれを冷静に見て

ドリブル


そしてアシストのシーン


図4


ゴールを決めたネチドも素晴らしいですが


都並氏

「ゾコラはなんか近づいたら

 やられてしまいそうな

 心理状態になった

 だから本田のアシストの場面でも

 あんまり近づけなく

 恐る恐る行くわけです。

 ほんとだったらペナルティエリアのとこで

 もっと押してペナルティエリアの外に押し出さないと

 ちょっとやわなディフェンスになった。」



アナウンサー

「なりましたね。」


都並氏

「そのやわなディフェンスを利用して

 しっかり胸トラップして

 いいパスです。」



~本田のFKのゴールシーン~


本田は実は4番のイグナシェヴィッチに

FKを譲ろうとしたそうなんです。


しかし、13番のマルク・ゴンサレスが


「いいFKを持っているんだから

 お前が蹴れ!!」



そう本田に言ったそうです。


試合後、マルク・ゴンザレスは

「まさか、入るとは思わなかった」

そう言ったとか言わないとか・・・。


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
kuturogu





ブログパーツ

スポンサーサイト

web拍手

コメント

ルイ・コス太さんへ

本田もゾコラも凄くレベルの高い所でのかけひきだと思います。
言われないと気付かないんで、
サッカーを観る目もまだまだだなと思います。

私もこの番組を見ましたが、最初のヒールの時の動きは凄く細かいと思いました。
説明されている上にクローズアップされた画面でやっと判るレベルのプレー。
あれを瞬時に判断しているんですから、本田もゾコラも並みの観察力じゃないですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccertoshi19.blog54.fc2.com/tb.php/269-793cb817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。