代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2009-07-18

サイド攻撃

サイド攻撃の有効性について
管理人なりに説明します。


Jリーグのなかでわかりやすいゴールがあったので


まずは、


こちらの動画を(~00:55)


ジュビロ磐田カレン・ロバートのゴールです。


ダイアゴナルラン
プルアウェイ
・サイド攻撃


この3つが同時に見れる素晴らしいゴールです。


サイド攻撃の有効性
簡単に言うとDF視野です。


図1
dfsiya1.jpg


FW2がボールホルダー(ボールを持っている)の時
白の三角形がDFの視野です。
DFはFW1をマークしている状態です。


図2
dfsiya2.jpg


図2のようにサイドにボールがあると
DFはボールとマークするFW1を視野に入れておくのは難しく


図3
puruawei.jpg


図3のようにFW1が
プルアウェイの動きをすると
DFはFW1を見失いやすくなりますし、
ボールも見てなくてはならない


図4
daiagonaruran.jpg


さらに、ゾーンディフェンスにおいて特に有効とされる
ダイヤゴナルランを加えています。


図5
karenroba-togo-ru.jpg


カレン・ロバートのこのゴール(図5)


・ダイアゴナルラン
・プルアウェイ
・サイド攻撃


この3つが同時に見れる素晴らしいゴールだと思います
相手DFがカレン・ロバートを見失っているのがよくわかります。


クロスを上げた太田吉彰
カレン・ロバートの動きをよく見て
DFとGKの間にピンポイントでナイスクロスでした。


クライフ


「エンドラインからのグランダーのセンタリングが
1番ゴールに結びつきやすい」


そんなようなことを言っていたようです。


エンドライン(相手ゴールライン)から
グランダー(ゴロ)のパス


浮いているボールをコントロールするのは
ゴロよりも高度な技術が要求されます。
たしかに、エンドラインからのゴロのラストパスはシュート打ちやすいです。


エンドラインからグランダーのラストパスを出す
ここまで相手DF陣を崩すのは至難ですが・・・


U-17ワールドカップの日本対ナイジェリア戦でそのシーンがありました。
動画(7:13位からです)



ブログパーツ

スポンサーサイト

web拍手

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccertoshi19.blog54.fc2.com/tb.php/30-1d69cb0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。