代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-04-10

「世界との差が見えて目が覚めた」稲本潤一=サッカー日本代表

4月7日 キリンチャレンジカップ2010 

セルビア戦後の稲本潤一のコメントです。


「先制点を取られて、

 あれだけ高いDFで組織で守られると

 きついということが分かった。

 先制点をやらない戦い方をしなければならない。

 すべての面でまだまだ足りない部分があった。

 中盤での(ボールの)取られ方、

 1点目の取られ方もワンツーのところで引っかかって、

 その後ろ、僕と(栗原)勇蔵の間のスペースを

 突かれてやられてしまった。

 勇蔵から声をかけてもらって僕が下がるとか、

 (中澤)佑二くんも開いていたからそこで同じラインに入るだとか。

 取られ方が悪いと、あれだけ大きな選手だから(守るのは)難しい。

 できるだけサイドで起点を作って、

 両サイドを上げたかったので、

 僕と佑二くんと勇蔵のところでつないで、

 センターサークルまで行けた。

 そこで、ショートパスで僕らがやっているサッカーが

 あまりできていなかった。

 これで多少、世界との差が見えて

 目が覚めたというところもあったし、

 Jリーグに対する取り組み方とか。

 あれだけのフィジカルとか

 ディフェンスのうまさというのはJリーグにはないから。

 Jリーグでできているから満足するのではなくて、

 もっと高いレベルを――あまり時間はないけれど、

 それをどう日頃の練習から意識するかというところが重要だと思う」


ヤフースポーツより。


コメントの通り守備の修正をして欲しいものです。


ただ、今頃、目が覚めてというコメントは・・・



スポンサーサイト

web拍手

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccertoshi19.blog54.fc2.com/tb.php/322-0e4fc761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。