代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-04-25

サッカー名言集 18

ヤングマガジンに連載中の

塀内夏子氏の「コラソン サッカー魂」から

名言(名シーン)を。

そして、思うことを。


ワールドカップアジア最終予選を戦うサッカー日本代表

5試合を終えて1勝3分1敗

5チーム中4位の危機的状況

監督も交代


そして望んだ6試合目

新たに日本代表監督に就任したヘルマン監督

6年前にJリーグ永久追放処分を受けた

ブラジル・ブルメナウFC所属のFW、戌井凌駕(いぬいりょうが)を

いきなりスタメン抜擢


そして、キックオフ10分前のミーティング


ヘルマン監督

「さて、充分わかっているだろうが

 この試合はW杯出場がかかっている一戦だ

 そして、世界が注目している

 W杯に出場するすべての国が

 日本のW杯出場を心から願っている

 なぜなら、

 皆、W杯の予選リーグで

 日本と同じグループに入りたいからだ!



 驚愕する代表選手たち

 血相を変え

「ヘルマン監督!」

「あんまりだ」などの声


ヘルマン監督

「その顔だ

 その顔でピッチに入れ!

 闘う場所だ!

 闘う顔で往け!!


 闘志は内に秘めている?
 
 外国人の私から見れば

 そんな顔は

 『自信がない』
 
 としか映らんぞ!」



選手入場

対戦国の選手は

日本代表選手たちの顔を見ただけで

驚きの表情を見せます。

“闘う”顔で試合に挑もうとする代表選手の面々のアップ

そこで、今号は終了。

そして、最終ページに記載される

ヤングマガジン側のコメント


「“気迫”で相手に劣っては

 勝利なんて掴めない!!

 指揮官の檄を受け

 代表戦選手がピッチに立つ!!!」



AFCアジアカップ

ここ5大会で3回優勝している日本

イマイチ結果を残していない韓国

でも、韓国に勝てる気がしません。


イマイチ闘志、気迫の伝わらない日本

それを感じられる韓国


闘莉王は帰化する時

どうしも“闘”の文字を入れたかったとか


闘志、気迫を感じる選手もいるけど

全員とは言えないような・・・


ラモス氏はよく“気持ち”、“闘志”的なことをいうけど

これは、うるさいのか大事なことなのか・・・


「六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント」


2002ワールドカップの日本代表に密着したDVD

これを見て驚いたのが試合前のミーティングで

“気合い入れていこう”とか多かったこと


ヒデが稲本に選手入場の際

「イナ、中盤で声出してって」

見たいなことを言って

「この大歓声で聞こえるかな」

そんな感じの会話をしていたこと


代表レベルでも“気合い”、”声を出してこう”

そんな言葉が飛び交うんだと思ったものです。


AFCアジアカップを取材していた

欧州の某記者

世界で通用しそうなのは

サウジアラビアとイランくらいなもの

そう言ったとか


フィジカル・身体能力が劣るサッカー日本代表

いい意味でも悪い意味でも

日本人の勤勉性を生かし

組織力で戦ってアジアカップ優勝

凄いことだと思います。


日本よりはフィジカルのあるサウジアラビア・イラン


中東特有のしっかり守ってカウンターのサウジアラビア

攻撃力のあるイラン

スピード・パワー・闘志の韓国


2010年4月7日のキリンチャレンジカップ

対セルビア代表戦


2軍以下のセルビア代表

現状の岡田ジャパンのやろうとしているサッカーは

強豪国がしっかり守備ブロックを固めれば

日本は崩せないし

無謀な前線からのプレスに

日本の武器の一つであるボールポゼッション

しかし、ここからパスをカットされカウンターで失点


この試合でワールドカップの日本の対戦相手は

日本との戦い方が決まったのでは・・・


勝ち点3が一番計算できるのは

今のサッカーなら

悔しいけど日本でしょう


でも、これからも日本代表を応援するし、

日本サッカーが世界に通用するようになって欲しい

だからこそ、せめて

闘う顔の選手たちが見たい


そんな熱い気持ちにさせられた言葉(シーン)でした。


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
ブログパーツ


スポンサーサイト

web拍手

コメント

フローラン・カバディさんへ

コラソンこの1話しかしらないので、単行本が出たら買ってみようと思います。
この他は、オフサイドとJドリームしか知りません。
ちょっと絵がぎこちないですけど。

塀内夏子好きです!!

コラソンは自分も好きですというか塀内作品はフィフティーンラブ以来好きです!!女性なのに良いところ付いてきますよね~イヤ女性だからこそ今の日本男子も不甲斐無さが目に付くのかも!?

山田セイヤ さんへ

「気持ちだけじゃ勝てないが、気持ちがなければ勝てない」
ですね。

「努力しても成功するとは限らないけど、成功した人はみんな努力してる」
みたいな感じでしょうか!?

「戦う姿勢」
みせてほしいです。

今回の記事を拝読して思ったのは。
私の考えでは「気持ちだけでは勝てない」ということです。
なぜならサッカーは技術や戦術など、気持ち以外にも様々な要素があるからです。

でも技術、戦術が高度なレベルにあっても「気持ちがなければ勝てない」とも思います。
要約すれば「気持ちだけじゃ勝てないが、気持ちがなければ勝てない」
ということになるでしょうか。おそらくこれはレベルが上がるほどそうでしょう。

互いの力が拮抗した時に差をつけるもの。その一つが「気持ち」だと思います。
ただし本大会のグループはどう贔屓目に見ても実力が上の国ばかり。
前回のブラジル戦後に中田が倒れたように「戦う姿勢」だけでも見たいですね。
今回のメンツであそこまで出来る選手はいるでしょうか…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccertoshi19.blog54.fc2.com/tb.php/351-ac933d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。