代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-06-13

南米2強の育成

NHK BS1

サッカー王国 3大大陸の旅三浦泰年 南米2強の秘密」


●ブラジルでは


近年では背が高く、フィジカルの強い選手を育てているとか


柏レイソルでもプレー経験のある

ゼ・セルジオ氏(サンパウロFC U-17監督)

「今は選手の育成も海外移籍を目的とした

 商売になっています。

 テクニックは世界的に平均化しているため

 育成の段階でも、体格を重視する傾向になっているんです

 ほとんどの選手が、とびぬけた才能があるわけではありません

 ですから、背が低く、フィジカルが弱い選手を育てても

 ヨーロッパへ移籍した場合、活躍出来ないことが多いのです

 それに伴って育成の仕方も変わりました

 昔は栄養など考えず、普通の食事だけでした

 しかし、ここ10年くらいは13歳以下のカテゴリーでも

 体が大きくなるように栄養バランスなども

 クラブが指導を行っているのです。」


三浦氏がブラジルにいたころにはなかった

筋力トレーニングも週4回になったとか。


2010のワールドカップのブラジル代表ドゥンガ監督も

体格・フィジカル重視な選手選考。

かつての華麗なブラジルのサッカーは影をひそめたが

守備重視の戦術で南米予選、9勝7分け2敗で1位通過。


しかし、これには批判の声も

レオン

「ブラジルのサッカーとして今最も称賛されているのは

 代表とは対照的には小柄な選手が中心となって

 スペクタルなサッカーをするサントスFCです

 今も昔もブラジル人が求めているのは

 見ていて楽しく、攻撃的なサッカーなんです

 ドゥンガ監督の代表は

 あまりにもフィジカル重視で

 ブラジルが理想とするサッカーとはかけ離れています」


●アルゼンチンでは


アルゼンチンでは体格よりもテクニック重視

北京オリンピック

アルゼンチンを金メダルに導いた

セルヒオ・バティスタ監督

「アルゼンチンでは体格で差別することはありません

 テクニックは全てにおいて

 最優先されるべきだと考えられています

 背が小さくても、体格差を跳ね返す

 テクニックがあればいいのですから」


マラドーナなどを育てた

育成専門の名門クラブ クルビ・パルケ

ここでは5歳~12歳の子供たちが練習に励んでいる

三浦氏は7歳の子供たちに交じってフットサルを。

子供たちのテクニックはかなり高度


クリビ・パルケ総監督

R・マドーニ氏

「ます、最初に子供たちに言うのは

 とにかくテクニックを磨きなさいということです

 立ち止まらず、動き続けなさいと教えています

 いかに早く考え、どう動くことができるかが

 大事なんです

 そして、テべスのようなアグレッシブさを身につけるの

 です
 
 テべスは小さかったですが

 必死に練習して一流になりましたよ

 でも、大事なことはボールを好きになることです」


三浦氏フットサルを終えて

「日本だと、ヤス(三浦泰年)さん入ってそっちずるいよとか

 大人がそっち入ってずるいよとか日本の子供は思うのね

 彼ら(アルゼンチンの子供たち)は大人が入ってきても

 全く同じように、ビビらないでプレーするんで

 なんとなくここに、今、僕らが探っているルーツというか

 小さい選手でも、世界で通用する選手が

 アルゼンチンは育つというのが感じられた」




大人が入ってもずるいとか言わない

アルゼンチンの子供たちには

見習うところが多いように感じました。

似たようなことを言った経験があるので・・・。


日本はフィジカルが弱いのでアルゼンチンのように

テクニックを磨くべきなのか

体が大きくなるようにするのか


日本の育成においてはどちらがいいのでしょうか?


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

ブログパーツ


スポンサーサイト

web拍手

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccertoshi19.blog54.fc2.com/tb.php/436-2970cde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。