代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-06-21

オランダ戦後、日本代表選手コメント

■本田圭佑(CSKAモスクワ/ロシア)


 とても残念です。もっとやれると思いますし、今日は良くなかったけど、切り替えて。

まだ次があるんで頑張りたい。当然、攻められる時間は長くなるんで、

しっかり守備をしながら、点を取りにいくということ。

チームとしてそういう気持ちで臨みました。

(次のデンマーク戦は)どちらにしても勝ち点が必要になってくるんで、

そういう戦い方が求められると思いますし、今日はあまり楽しくなかったんで、初戦同様に楽しみたい。

(オランダは)あまり意識はしていなかったですけど、

あらためてこれくらいの相手には通用しないということが分かりましたし、

自分を高めていかないと、と思いました。


■松井大輔(グルノーブル/フランス)

 自分としては想定内だったし、できれば引き分けたかったけど、

しっかり勝ち点を取ることだけを考えて早く切り替えることが大事だと思います。

(前半終わって)0-0だったんで、できればそのままいきたかったけど。

向こうもそんなにチャンスはなかった。

どうしても最後は攻めないといけないからカウンターで

何回か(相手のチャンスが)あったけど、前半は守ることができたと思う。

後半は立ち上がりにもう少し前からいければ良かったと思います。

ゴールっていうのは事故みたいなものだから、次のために早く寝て早く疲れを癒していきたい。

 前半いい形で守れたっていうのもあるけど、それを続けることが最後の最後でできなかった。

後半に失点してから戦い方が難しくなった。敗因というか、これはもうしょうがないと考えるべき。

決勝トーナメントじゃないし、1勝1敗1分けというのもみんな考えていると思う。

4敗してこっちに来ているわけだから、高望みすることより、

一番大事なのは自分たちの実力を認めつつ、次のデンマーク戦に向けて切り替えていくことですね。

(守備は)挟むことはもちろん、できるだけ人数を多くかけないといけないし、

その中でオランダもパスを回していたと思う。日本も攻撃になったとき、もうちょっと回せるように、

守備だけじゃなく、攻撃にも厚みをつけないといけないと思います。

前半はサイドでしかキープできなかったんで、

後半になって攻めないといけなくなったときにもっとキープしないと。


■田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)

 自分たちはうまくやっているような感じだったんですけど、

(スナイデルのゴールは)やっぱりいいシュートだったと思うし、

あの1回で決められるのがすごいって感じがしました。

僕は後ろで守備のこともあるんで、監督の指示が出るまでは動かないつもりでいました。

上がって1回くらいチャンスは作ったのかな。またそういうところの差じゃないですかね。

そんなにチャンスは作れないってことはみんな分かっていたし、

自分も一発に懸ける気持ちが強かったんで、必ず自分がチャンスを作るか、

自分でチャンスを決めるかっていうことをずっと考えていた。

残念といえば残念ですけど、まだ試合があるんで、グループ突破を目指して頑張りたい。

 自分が上がっていくと相手も引いてくれるんで。

あれから向こうもあまりチャンスがなかった。

点を取られてから、らしくないミスを連発してたっていうのもあったし、

もう1回勢いを出すことを考えた上で点を取りたかったんですけど。

(0-1も)負けは負けですけどね。喜ぶことはないですけど、

目標は突破するために4チームの中で2位に入ること。決して悪い結果ではなかった。
 
あと一歩のところまでいったのに、勝ち切れない。

結局負けるってなると、悔しいものがありますね。

ボールに対しては必ずつぶしにいくのは非常に良かった。

点を取られるまでは相手もチャンスはなかった。

あの失点シーンもそんなにチャンスではなかったんで。

そこであんなシュートを打ってくる。しかもダイレクトでね。

技術的なところの差があったような感じはします。


■中村俊輔(横浜F・マリノス)

 守備は激しくいっていたし、負けたけど、こういう時が一番次に向かって、という時。

下を向いている暇はないから。

戦い方は良かったと思うし、1点取られてからちょっと盛り返して、

それから静かになったと思うから、

そういう時に自分とオカ(岡崎)とタマちゃん(玉田)で(攻撃の)スイッチを入れる。

 オカちゃんのやつ(シュート)とか入っていたらっていうのはきりがないけど、

スイッチを入れるため。

この間みたいに勝っている時はオカちゃんとか(矢野)貴章とか、

ベンチにいる人たちはスイッチを入れる役目以上の仕事があった。

貴章だったら頭があるし、オカちゃんだったら飛び出し、

自分はゲームを中盤で組み立てたり。

ミスもあったけど、一応仕事はみんなでできたとは思う。


■遠藤保仁(ガンバ大阪)

 勝ち点1が欲しかったなというのが正直なところだけど、

今から結果のことを言ってもしょうがない。

最終戦に負けたら意味がないんで、メンタル的にも今日のことは忘れて次に臨みたいと思います。

試合に入る前から、ある程度押し込まれる時間もあると思っていました。

失点しないようにというのは最初から言われていたし、

後半自分たちも点を取りにいくということは完ぺきにできていたと思いますね。

 失点した場面は(スナイデルを)完全にフリーにしてしまったんで、

悪かったことは反省してあんまり落ち込まないで。

そんなに悪い試合じゃないので、次に切り替えて結果を出せればいい。

(去年の試合とは)自分たちの戦い方を変えたんで、

しっかりと機能すればそんなにやられないと思っていたし、

後半の途中まではうまくいっていたので、相手が悪かったかどうかは知らないけど、

そんなには違わなかったと思います。

 前回は単調なプレーが多くて単調な攻撃になりがちだったんで、

極力押し上げていこうと思っていたし、シュートも結構打てたけど、

結果的にゼロなんで、チャンスをしっかり決めたいです。

オランダはショートコーナーの二アサイドがチャンスだったんで、

セットプレーで決めたかったんですけど。

デンマークのウイークポイントを見つけてしっかりやっていきたい。


■川島永嗣(川崎フロンターレ)

(スナイデルのシュートは)30センチ手前まで見えていたし、

完全にイメージもできていたんで、ああいう形の失点になってしまって本当に残念です。

強いボールだったんで、外にはじこうと思った。最後のところでしたね。

失点が多くなってしまうとグループ突破が難しくなる。

1失点してしまったんで、だからこそ体を張らないといけないと思ってやりました。

デンマークがどうこうっていうより、

自分の中でどういうことが起こっても

絶対に次の失点はさせないようにしようっていう気持ちがあったんで。

そういうイメージはみんなも自分自身もあったと思います。

(2試合先発は)結果は残念ですけど、内容がどうであれ、結果は結果という気持ちがあります。

ただ今日の試合で自分たちがやれる部分は確実にあると思ったし、

去年の9月に比べてもそうだと思う。ただ悔しい気持ちは変わらないし、

チームとしてもう1回結果を残して、決勝トーナメントに行って、

もう1回オランダとやれるようにしたいです。

いい集中力で入れているし、いいコンディションを保てるようにしたい。

チームのみんなが頑張ってくれたのに失点につながったのは悔しいですけど、

ここで終わったわけではない。この悔しさをモチベーションにして次につなげたい。


■岡崎慎司(清水エスパルス)

 最終的に負けてしまったのは差があると思うけど、

前ほど強くは(差を)感じなかったし、

日本のペースになっているなと思った時間帯もあった。

いいチャンスもいっぱいあったんで、

次は勝てるんじゃないかという希望の持てる試合だったんじゃないかと思います。

前を向いて次の試合を迎えられるんじゃないかと思います。

(シュートシーンは)ちょっと力が入ってしまった。

“来た”と思って上に行ってしまった。

あのシュートを転がすのがストライカーだと思う。

2試合ともああいう形だったんで、あれを枠に収められるようにしたい。

チャンスを決めないとこういう結果になる。

これからもああいう場にいるように心掛けて。

このままでは終わりたくないし、

次のデンマーク戦が正念場になると思います。

相手も(攻めて)来るだろうし、そうしたら自分にも早い投入があるかもしれないんで、

チャンスは絶対あると思うから決められるようにしたい。


■大久保嘉人(ヴィッセル神戸)

 次が直接対決。もう少しサポートが欲しい。

ワンツーとかで抜けられたら楽しいけど、1人で抜けるしかなくて、その間に戻るしかない。

でも今日は点を取られる感じじゃなかった。ボールを回させている感じ。

その間に、(オランダの前線の)4人が次々と入ってきた。

そこに(ボールを)入れさせないのがおれらの仕事。

後半は間延びしたけど、それまでは完ぺきだった。

相手がすぐにボールを取りに来るから、ドリブルもちょんと出せば抜ける。

(守備の仕事が多いことについて)攻めにいったらやられるから仕方ない。勝てるなら全然いい。

親善試合ならフラストレーションもたまるけど。今日良かったのは集中力。

気が抜ければ中に入られる。ボールが入ればガツっといくイメージだった。

中盤の守備はカメルーンの方が強かった。

1対1でも抜けるし。戦い方はこれでいいと思う。親善試合よりいい戦いをしている。


■長友佑都(FC東京)

 試合はプラン通りです。負けるような相手ではなかったし、やっていて手応えはありました。

だからこそ、すごい悔しいです。(日本もチャンスがあったが)そこが世界との差。

決めるか決めないか。少ないチャンスですけど、決めるか決めないかで試合が決まってくる。

それも実力だし、世界レベルだなと、スナイデルのシュートを見て感じました。

 今日は攻撃の意識もありました。

指示通りのプランで前半はすごくやれていたんですけど、

後半ちょっと間延びしちゃった感じはあります。

こっちもチャンスはありましたし、そこで決め切れなかったという部分だと思います。

(カイトは)個人では1対1の部分ではそんなに負ける気もしなかったし、

突破もさせていないと思います。

エリアが出てきて監督に右に行けって言われて行ったんですけど。

一昨日くらいの練習で、エリアが出てきたら変わるってことは言われていたんで、

その対応はしっかりできたと思います。

 力の差は思ったよりなかったし、

すごい手応えを感じながらやってはいたんですけど、難しいですね。

 オカ(岡崎)だけじゃなく、いっぱいチャンスはありましたし、

そういうところで決めないと次も厳しいと思う。

ただ、ネガティブな考えは持っていなくて、今日の戦い方は間違っていなかったと思うし、

これを続けていければ問題ないかなと思いました。

雰囲気も悪くない。すごい悔しいけど、落ち込んでいる暇はないし、

ゲーム内容的にも圧倒してやられた感じではなかったんで、

切り替えていければいいと思います。

(最後はPKを)もらいにいったんですけどね。

うまく体も入れられたんですけど。

(大久保)嘉人さんがうまく(ボールを)持って、

僕がフリーランニングして嘉人さんがシュートを打つ場面もあった。

ああいう時は嘉人さんを助けるためにも僕がどんどん走っていきたいし、

それでボールが来なくても嘉人さんがフリーでボールを受けるのは日本の形だと思います。

ああいうのを、どんどん作っていきたいですね。


■長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)

 なるべく相手に前を向かせないようにというのを意識した。

個人的なパフォーマンスはまだまだ満足いくものではない。

自分たちがしっかり組織を作って守備をすれば、

そんなに崩されるものじゃない。

正直、やれると思う。次の3戦目にすべてを懸けて、

チーム一丸となって決勝トーナメントに行けるように頑張りたい。


■駒野友一(ジュビロ磐田)

(負傷は)自分も状態を見ていないんで、

ただ当たっただけかなと思ったけど、手で抑えたら血が出ていた。

だけど、そのまま出られたので問題なかった。

守る時間帯は長かったけど、ピンチらしいピンチもなく、

しっかりブロックを作ってボールを受けることもできていたし、

しっかり守れていたと思う。

守備は手応えをつかめた。攻撃の方は点を取らないと勝てない。

もっと得点に絡めるようにしたいですね。

(失点シーンは)シュートまでが違うなと思った。

(クロスは)センターバックの2人が跳ね返してくれていた。

クロスに対しては左足(のコース)を切っていたけど、切っていても上げてきた。

前半あれだけ回されたけど、ピンチはなかった。

でも後半の早い時間帯に取られて、向こうに余裕が出てきた。

自分たちは攻めるしかない。

そこでしっかりボールを回せたと思うけど、もっとチャンスは作れた。

守備はうまく回っているんで、攻撃の部分をもう少し良くしたい。

自分たちが後ろを向いてボールを持った時にプレッシャーが速かった印象。

ワンタッチ、ツータッチのサッカーができるようにしないといけない。


ヤフースポーツより。


ブログパーツ



スポンサーサイト

web拍手

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccertoshi19.blog54.fc2.com/tb.php/453-21d836ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。