代表戦マッチレポート

監督名をクリックすると
その監督時代の代表戦のページへ行きます。
( 代表戦マッチレポートについて)

岡田監督
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
2010-02-12

東アジアサッカー選手権2010 決勝大会 香港戦 2

サッカー日本代表
2010年2月11日(水)
東アジアサッカー選手権2010決勝大会 香港戦 2


結果はこちらで。(スポーツナビ)
今までの結果と今後の日程はこちらで。(スポーツナビ)


後半から今野に変えて
平山を投入。
前線の人数を増やしてきました。


後半1分。
凄く、サッカー日本代表の駄目なとこで
今後改善して欲しいシーンがありました。


図1
201002120639 04


日本の右サイドのCKから
ゴール前でこぼれたボールを
遠藤が拾い駒野へ
遠藤はそのまま右に開いて
駒野は遠藤へ


遠藤はターゲットとなった平山へクロス
これは合わず
平山を越えて
香港DFがクリア
それを大久保が拾って
CKでゴール前に上がっていた闘莉王へ


図2
201002120647 05


闘莉王はドリブルで中に切り込もうとして
左サイドをオーバーラップしてきた中村憲へ
中村憲はダイレクトでクロス


クロスは平山のちょっと後方へ
しかも平山はオフサイドの判定。


香港DFがオフサイドトラップを仕掛けたわけでもないし
しかも中村憲のクロスも質が悪い。


図3
201002120650 06


こうなって欲しかった。
平山はオフサイドにならないように
細心の注意を払い、飛び出して


中村憲は香港DFとGKの間に
速いクロス


香港DF陣を
香港ゴールを向いてプレーさせる状況に


そこで平山がコースを変えるだけ
そんな感じでゴール


サッカー日本代表はほんとに


相手DFとGKの間に速いクロス


これが少ない。
こういうクロスを入れるだけでも
見てる方はワクワクするのに。


ランキングに参加しています。
記事が面白かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ人気ブログランキングへ


[サッカーショップ加茂]東アジア選手権大会グッズ

スポンサーサイト

web拍手

コメント

主さんへ

コメントありがとうございます。
全くおっしゃる通りだと思います。
「格下」相手にはきっちりと形を作ってゴールしてても
本大会で戦う相手には通用するのは困難。
日本はセットプレーで
チャンスを作るしかないような場面も多くなるはず。
昨日の試合のようにセットプレー以外でのチャンスに
「いい形のゴール」が欲しいですね。
「よくなってきてる」とは思いません。

岡田監督は「よくなってきてる」とか言います。
でも見る側は「いい形からのゴール」が欲しいわけで、
昨日の試合を見てもセットプレー以外でチャンスはありました。

本大会ではそれは難しいかもしれないけど、
だからこそ今大会のようにあえて言えば「格下」
相手にはきっちりと形を作ってゴールしてほしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://soccertoshi19.blog54.fc2.com/tb.php/86-d73746b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) サッカー日本代表ワールドカップ優勝!! . All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。